里帰りに会う人は限定される

会わなかった、会えなかった人にはちょい失礼に響くけど決して会いたくないわけではなくて‥‥

身体はひとつしかなく限られた時間の中で

帰ってきて誰に会おうとかそんな悠長なこと考えてるわけではないから(笑)

基本俺は何曜日の何時から何時まではこの人と

そしてその後はこの人とみたいなスケジュールを作って人と会うのって好きじゃないんです。

落ち着かないし、次の約束が迫ってくる度にそっちに気持ちがだんだん行くのが嫌だし、今一緒にいる人に申し訳ない気持ちにもなる。

だから結局それがわかってくれる仲間でないと

ごめん、じゃそろそろ行くわって笑顔で言えないわけ(笑)

 

今回の里帰りはそういうわけで会う人を決めて前もって連絡して帰省するしかなく‥‥

規制がある帰省(笑)

 

それでなくても地元なんだから必ず知った人とバッタリ会ったりもするんだし

そこから人伝てに広がって「帰って来てたんなら言ってよ」って逆連絡が来たりするからキリがないわけ。

 

申し訳ないけどね〜

でもそれは無理になるし全員に連絡するしかないからホントは黙っとくのがいいのかも知れないけど(笑)

中には「帰って来てるのか‥‥へぇ〜」って思うだけの人だっているんだし

あんまりそこは深く考えず今回は会いたい人だけに会って帰ろうって思ってたので。

一人一人が無理ならその関係者は団体で集合してくれるならなおさら有難いってことで(笑)

里帰りはある意味気を使うことが多くなる。

そして自分の存在感と必要性も里を離れて時間が経つとそれもよくわかるね。

いい意味でも悪い意味でも(笑)

 

慌ただしい4日間だったけどあっという間の里帰りでした。

IMG_2161