趣味を超越した世界

ある意味俺もその世界で生きてるわけだから、そんな人達と凄く共感できる。

 

神戸のハーバランドでスーパーカーイベントをやってて

談話室でもお馴染みの「のりたまナイトさん」が愛車で参加されるということで行ってきた。

スーパーカーだらけで凄い人達が写真を撮りまくってる

img_1431

img_1430

俺は個人的にのりたまナイトさんのナイト2000を見たくて行ったんだけど(笑)

カッコいいとか凄いとかそんな単純な感想だけでは失礼だというくらい彼のナイト2000には人生そのものが刻み込まれている!

img_1455

img_1457

ナイトライダーという映画を30年前にやってたとこから普通の人は説明するのかもしれない・・・

でも俺はナイトライダーはどうでもよく、確かにその映画で使用されてたトランザムに憧れて釘付けになって見てたことはもちろんなんだけど

のりたまナイトさん自身もそれは同じではあるんだけど、それは「好き」という共通の趣味でしかない。

 

そのナイト2000を実際にあそこまで本物ソックリに再現してしまったことも好きでお金をかければ誰でも出来る・・・

彼の何が凄いかってのは「ただ車が好き」「ナイトライダーマニア」だけでは片付けれない本質があるということ

お金をかければというのもお金では買うことの出来ないものも彼のナイト2000には刻まれている。

 

人生そのものをこののりたまナイトさんは車とリンクさせてるわけで

傷もつけずに大事に乗り、ワックスでピカピカにする・・・

それは車が好きということではなくその人の性格の問題で好きなものを大事に扱うのは当然(笑)

 

彼の場合はそんなものではなく趣味を超越した人生になっていた。

それにかける思い、そして彼の哲学がそこへいろんなものや人を導いてるというのが俺が一番感動したとこで・・・

 

車を改造して自己満で人に見せびらかせたいとかいうだけなら俺も若い時やってたし(笑)

だけどそれじゃ伝わらない・・・

 

このナイト2000をただ見せびらかせてチヤホヤされても彼は喜ばないのも俺はわかっていたし

長渕剛の唄じゃないけど銭をナンボ積んでも譲れないものがある・・・っていうものがのりたまナイトさん自身の心の中にあるということ。

じゃあそれが何だろう??

これは言葉ではないんです💦

説明できない趣味を超越した人生哲学というものが彼にもあるんです(笑)

 

原田広もよく聞かれます。

 

「何でそんなに音楽が好きなの?」

 

わかりません・・・

説明できないものがたくさんある。

 

感覚で言うならば

このイベントが終わりかけた頃、もう一台別のナイト2000がやってきてのりたまナイトさんの隣につけた・・・

 

でもね、彼とは違うんですよ。

全く同じ車なのに違うんですよ(笑)

 

それが答えかな。

img_1456

img_1441