5日間の故郷をあとに

長いようで短い山口生活でした。

生活というか全て2日間のステージのために精神集中で帰ったわけだから友達とか久しぶりに会いたい人とかに会いに行ける余裕なんてなく・・・

実家にも帰れなかったくらい(笑)

 

とにかくみんなの力があってのLIVEだったので

俺自身が意外と疲れることなく2日とも伸び伸び歌わせてもらえたことに感謝したい!

 

詳しくはレポートの方に書くけど、とにかくメタボ美クスの人たち、そして野村工房の二人、美貴さん、大西・・・みんなマジで原田広を支えてくれたことでLIVEは既に成功なんです✌️

 

人数的なものや手違いやとにかくいろんな事があったけど誰ひとり文句言わずこの2日のLIVEを必死で準備し、片付けてくれた。

 

そんな彼らのせっせと働く背中から彼らを裏切れないという精神的なものとの戦いの方が今回は強かった。

 

このボヤキで書く内容はどちらかと言えばそんなドキュメンタリー的なことを書きたかったね。

 

本編についてはレポートに写真を張り付けて出来る限りの状況を伝えたいとこだ。

LIVEはホントに生ものだからそれにかける思いとか準備、段取り、計画が8割を占めてる原田広LIVEなんで本番はただ楽しめばいいだけだ✌️

練習した通りに、打ち合わせした通りにやればいいだけだ。

だからこそ木下先生率いるDACの人達はその8割の方がとてもしんどかったに違いないと思った。

二ヶ月前から計画してたから・・・

それがたった30分しかないステージをやるために、みんな家族や仕事を顧みず挑んでくれたし

 

俺たちの仕事はプロアマではなく全てが結果論ではあるけど

その8割を一生懸命挑んだなら結果は言うまでもないし

それまで神戸にいた俺と山口にいたDACの人達とろくに打ち合わせも出来ない中あれだけ一体になれたってことは俺自身もその現場を見なくとも

DACのみんながどれだけプロ意識持って挑んだかが手に取るように伝わってきた・・・

 

熱いね!

本物だね!

 

その想いがわかっただけで山口に帰って良かったと思ったし、俺にとっちゃ十分です✌️

 

さぁ・・・

それを今度は神戸の人達に伝えるべく12月15日のLIVEに挑むのみ!