東京と大阪の違い

田舎ものがちょっとだけ遊びに行ったり二泊三泊するだけならどちらも道に迷いビルが四方八方に立ち並び人が多いのは変わりない光景。

 

しかしそれも何度か訪れるうちに次第に慣れてくるものだ(『東京バナナにつめこんだ夢』参照)笑

 

決定的な違いがあった。

東京は道を尋ねても反応が薄い。

良くて「交番(改札)あそこ」って指をさすだけ。

 

大阪はとても親切に細かく教えてくれる。

挙句の果ては近くまで誘導してくれる。

 

これは東京の人が冷たいということではなく

東京は地方から来た人の集まりと聞く。

東京へはるか前に引っ越して住んでる仲間が口にしたことは

「道聞かれるけど自分が知らないとこは知らないんだから無理だ」

 

なるほど。

土地性というものが大阪とは違うのかも知れない。

大阪は元々大阪で生まれ育った人の方が多いから文化というものがある。

もちろん道も詳しい。

そう考えると地方人なのかもなぁ

もしくは「都会の田舎文化がある街」

 

東京は一人がいっぱいいるとこのような気がするね。

俺たちミュージシャンからしたら唯一のゴール地点でもあり

日本では標準的な場所だけにわかる気がする。

 

関西はノリがいいだけに東京はノリが悪いのかというとそうは思わない。

 

一度ツアーで東京に歌いに行ったときはそんなことなかった。

 

良いものはいい!つまらないものはつまらない!

・・・がハッキリしてるだけだった。

 

それだけ東京って街は正直なとこなのかも知れない。

だから鍛えられるっちゃそうかもね。

 

厳しさの中にある優しさの東京

厳しさの中にある積極さがある大阪

 

今の俺にはそう感じる。