タイトルマッチに挑むボクサーの気分

ご存知の人がほとんどだが扁桃腺が腫れて約一週間大人しくしてまして。

2年に一度のペースでいつもなるんだが

今回の熱は大したことではないにしろ

さすがに歌うわけにはと‥‥

 

ゲネプロに入ろうと思った矢先で一週間遅れたが時間的には全然間に合うから、この体調崩しやすい時期に早めに訪れてくれたのが救いだったと考えるしかない。

 

手は動くからギターは弾けるし歌も作れる。

しかしやっぱ本番と同じテンションで歌いたい気持ちがさらに向上する。

しかも2018年はこれで終わりのLIVEだし。

前回のKINGSX BASEを超えるぞとそんなプレッシャーを抱えてのアクシデントだから

治ってから本番に向けての気持ちはいつもより倍増するね。

まるでタイトルマッチを控えたボクサーみたいな。

挑戦者か防衛戦か‥‥

どちらの意味も含まれるLIVEになるな。