約束を守るために

2nd復刻アルバム「真・真剣勝負」の作業が本日全ての作業が終わった!

この3日間は物凄いラストスパートだった。

 

最後の最後でタイトル曲の真剣勝負に苦しめられた‥‥

どうしてもボーカルのエラーが修正出来なかったり

間奏リードギターのイメージがリョウに伝わらなかったり

わずか21秒の長さのギターテイクに5時間。

神奈川と神戸で何度も何度も音源のやりとりを電話とメールで二人で闘った!

同時にジャケットの手直し、変更を村上本人と夕方から店をふたつ移動し飯も食いながらスマホに転送したジャケットデータを見ながらふたりで悩み

村上は二度家に帰りパソコンから俺のパソコンへデータを送る、そしてまた訂正して送る‥‥

結局全ての作業が夜中まで続いた。

 

これってデジタルが発達したからそばにいなくても距離を問わず作業はできるんだけど

結局はね、それを準備するまでの仕込みはデジタルじゃないわけ。

最後は人間ひとりひとりが頭ひねって作ってくれるから決まったら後は早いということ。

 

リョウがツイートにも上げてるが

《プロが短時間でやってのける作業を見て「簡単に出来るんだ」と勘違いしてるやつが多い》と。

 

まさにその通りで、その近道を見つけるまでに何百時間努力をしてきたかって話。

リョウも村上も今の器量だからこそここまでのクオリティの仕事を短時間で出来るわけであり最初からそうだったわけではない。

 

俺はそれが痛いくらいわかっているから

的確な素材とイメージを1分でも早く彼らに届けることに力を注ぐ!

 

全てそれは1日に間に合わせるため。

それがプロの仕事だから。

 

しかし今日はこのアルバム制作でアドレナリンが一番すごい出た一日だったなぁ