本格的にレコーディング開始!

さらにクオリティ高くしたいプロの世界でのこだわりも含め

もう家で録るのは難しくなる今日。

しかし俺自身その違いがまだわからん(笑)

基本ミュージシャンですが、今回スタジオで本格的にやったという自負もあるんだけど

限られた時間枠でどこまでのものを作れるかってのを追い込みたかったから。

家でやるとダラダラではなくもっと良くしたいという欲にかられるわけ。

だからキリがないので制限をつけてこの間にやるしかないという環境の中でやることにした。

 

本来のプロの定義ってのはクオリティよりそこだと思うから‥‥

クオリティは作り手側のこだわりであって

約束通りにってのはそれを原田広に求めてる人達、そして待ってる人達のためだから。

ラジオでもよく言うけど制限をかければ良い意味での妥協が出来るし。

それでいてスタジオ借りてやるからして音のクオリティも上がるならなおいいと。

 

ちょくちょくTwitterで呟いたり、ここに経過は載せていくのでお楽しみに!

E8431C11-9644-442E-9EE1-C2752419A104 CD663E16-0AAE-4D5E-A6D4-4BFF92353473