12/5 追加公演LIVEのお知らせ

土曜日来場希望のお客さんのために12/5を追加しました!

場所は防府のSecond Spaceにて19時から

入場料金¥4000+ワンドリンク500円

 

フライヤーも差し替えましたので参照下さい。

364E9FBF-A3B0-49ED-9AB0-F896257795A0

レコ発LIVE Virusのお知らせ

0359D3D5-920D-49F8-A370-CC0E99DD2CFA

4thアルバムVirus第二次感染のレコ発が決定!

今回は急遽神戸のKINGSX BASEもやっと入ります!

神戸、大分、山口と三ヶ所に原田広Virusをばら撒きに参ります!

別府博堂村、山口湯田リコはリードギターに久門正明さんを迎え原田広とのコラボで挑みます!

大分の人達の参戦が今回は熱くみなさんに響くはず。

そのために今年は2月で終わってしまったKINGSX BASEのステージがやっと10ヶ月ぶりに蘇るので

神戸の会場はGibsonギター一本で挑む超レアなステージを考案。

神戸のみなさんに背中を押してもらい大分、山口へと今年最後のLIVEに挑みます。

日時、入場料はチラシにある通りです。

お間違えなくたくさんのお越しを心よりお待ちしております!

レコーディングをさらにシンプルへ

7月に一度ここToySoundへ来てVirusのレコーディングをやったんだけど、2ヶ月空けてMIXやアレンジの追加レコーディングで来る予定だったのが

結局もっとシンプルに戻そうとやってるうちにリョウとそんなイメージチェンジになってきたね。

 

今まではバンドサウンドとかでレコーディングしてたけど今回はギター一本のみの収録で

本来ならハモリやリードギターで演出を増やせば多少ごまかしも効くんだけど、いわゆるそれをアレンジと呼ぶにしろやっぱりアレンジがあった方が聴かせ方の選択肢も広がるしインパクトも変わってくる‥‥

しかし今回は楽器は俺のGibsonギター一本しかないのでそれだけでやろうと。

とどのつまりこれはLIVEのスタイルでその音源が綺麗に生の音でみんなに届くというスタイル。

条件は極めてシンプルでやる事も少ない。

じゃあ簡単じゃん!って思うでしょ?

簡単ではあるけど結局ごまかしが効かないのでそこに一番神経を使う。

画像でいうぼかしとか合成とかが出来ないのと同じ。

そのまんまが録音されるので逃げ道がないプレッシャーとの戦いだ。

おかげで技術的にも上手くなる(笑)

 

さぁ今日は2日目だ。

銀座線の地下鉄からみなさんへ向けてこのボヤキを書いてます。

10時から2日目スタート。

 

どうか完成を楽しみににしててほしい。

結局コロナにフォーカスしてもね

これはラジオでも個人的にもよく口にしてるけど

日々の降りかかる予期せぬ災いというものはコロナよりその何倍もあるってことをみんな忘れてる気がする

そこに意識し過ぎて死角から飛び出してくる歩行者を見落としてしまうような運転と同じで

どんな時もいろんなことを神様は試してきてるようにいつしか俺は思うようになったなぁ

そんな中先月からこの日曜日まで3回ステージをやってきたけどやる側も来る側も同じテンションでやってるから結局こんな中でやるステージも日々と変わらずだったね

それでいいのかなって思った

でも一応は対策は踏まえての上だからそこはあまり開き直り過ぎてもってことも考える(笑)

 

今年いっぱいまだ神戸のLIVEが確定できない。

まぁそのうちみんなも賛同してくれるかなとは思うけど、SummerLIVEが終わったからとりあえず4thアルバムVirusの完成に向けて来週から追い込み作業だ。

8/30リコLIVEレポ

コロナ禍の中、中止、延期、変更を繰り返しそれでも対策をしっかり取ってやはり決行に挑んだSummerLIVE最終日

 

この状況でこれだけのお客さんが駆けつけてくるってのは通常の100人くらいの価値に値するだろうと思う。

結局本編始まればLIVEに変わりなくみんないつも通りにコロナを忘れて楽しむ‥‥

84F73F51-3508-4662-B490-29DD8E83EE89

湯田の街は原田広の音楽活動の第一歩を飾った場所。

それだけにてるてる坊主は今までで自身に一番心に突き刺さる!

リコのお店の皆さんやそしてSecond Spaceの坂本さんや石光さんも今回はスタッフで応援に入ってくれてとにかくLIVEは原田広ひとりの力でやるものではないってのがよくわかる。

何を歌うかではなくて何を伝えるか‥‥

常に原田広組の仲間は自分のことのように汗をかく。

結局その瞬間の積み重ねであり何事も悪条件の中ってのは終わった後に「そういえば‥‥」と現実に帰るもので

92C289DA-4C2B-47FA-9815-593B28F6A900

この条件を乗り切れば後は下り坂だというのも目に見えてるからしていつも通りやっていけばいい。

とにかく何事もなくみんなが元気にやって来れて普通に盛り上がりまた元気に帰り、そしてまた元気な顔でここに来る‥‥それだけの幸せを惜しまないステージをあと何回できるかだね。

5D3BADAC-7E91-4AA3-8147-1DB82A39C401

【熱唱曲】

p.m.2:00 start

 

  1. てるてる坊主
  2. はるくん
  3. Friend
  4. 向かい風上り坂
  5. 赤い三輪車
  6. こいのぼり
  7. MySong
  8. 人間だから
  9. あさがお人生
  10. 河村のばあちゃん
  11. Virus2020
  12. 海へいこう
  13. 虹色想い
  14. 東京バナナにつめこんだ夢
  15. 5年リットルの
  16. 113
  17. 神様がくれた恋
  18. 故郷純哀歌
  19. StandByMe
  20. ありがとう

p.m.4:50 finish

8/28別府博堂村LIVEレポ

山口でLIVEするときは必ずここ博堂村で歌うというのはもう欠かせなくなってきた

とはいえもう14年くらいの付き合いなので昔からの原田広はみんな充分知っててくれてることが頼もしいとことだ。

 

店長久門さんを筆頭にたくさんの人が歓迎してくれた。

ここでLIVEするときは絶対と言っていいほどOAはちはる山口さんと一緒で、もう何回も一緒にやっている。

16558272-675C-4B28-8D62-3E1A10C2DFC8

もう一人はたくみくんでステージを共にするのは今回は初めてであり、2回目のご対面で何か年下の低音ボイスで上手に原田広ステージへ繋いでくれた!

019DEBE9-1F35-4C33-BE30-22BDD6BA13C7

日に日に成長を増していくちはる山口さんとたくみくんの頑張ってる姿にまだまだ自分も出来ると勇気をもらう。

0711B712-A242-40B4-9A90-07987EAA1069

大分では誰よりも河村のばあちゃんをこよなく愛してくれてるため今回はアンコールで一緒に歌った。

ED4A9D27-109F-4098-92B4-6C591671F586

店長久門さんがまた原田広と同じようなキャラだけに前日から無理を言って原田広の歌を三曲参加してほしいとリードギターをやってもらった。

9746B18E-3CFA-4AD9-885E-2317F5DCE378

はじめてのセッションでここまでできると思ってなかったので次回は本格的に久門さんとコラボでやろうと約束をしまた楽しみが増える。

さすがフォークの街大分県はまだまだこれからもずっとずっとお世話に鳴りそうだ。

 

【熱唱曲】

OA

ちはる山口

たくみ

 

1. てるてる坊主

2. HEART

3. 中国山脈冬物語

4. 夢

5. 悔しさあればこそ

6. 向かい風上り坂

7. 6月の雨の日に

8. 仏陀

9. MySong

10. Virus2020

11. こぎつねこんこん

12. 河村のばあちゃん