9/1 真・真剣勝負レコ発4LIVE決定!

D3774882-B1CF-4103-835F-792236D94711

お待たせしました!

2nd復刻アルバム「真・真剣勝負」リリースを皮切りに今回そのアルバムを引っさげていよいよLIVEを2会場4公演決定!

 

今回は全てチケット制となっております。

チケットの申し込み、受け取りに関しては神戸会場は

松尾09066653707

山口会場は原田09050950221

メールにての申し込みは

hiroshiharada.music@gmail.com

までお問い合わせ下さい。

 

特典として両日ご来場の方(チケット2枚購入)は

チケット代-1000円になっております!

 

たくさんのご来場お待ちしております。

 

 

約束を守るために

2nd復刻アルバム「真・真剣勝負」の作業が本日全ての作業が終わった!

この3日間は物凄いラストスパートだった。

 

最後の最後でタイトル曲の真剣勝負に苦しめられた‥‥

どうしてもボーカルのエラーが修正出来なかったり

間奏リードギターのイメージがリョウに伝わらなかったり

わずか21秒の長さのギターテイクに5時間。

神奈川と神戸で何度も何度も音源のやりとりを電話とメールで二人で闘った!

同時にジャケットの手直し、変更を村上本人と夕方から店をふたつ移動し飯も食いながらスマホに転送したジャケットデータを見ながらふたりで悩み

村上は二度家に帰りパソコンから俺のパソコンへデータを送る、そしてまた訂正して送る‥‥

結局全ての作業が夜中まで続いた。

 

これってデジタルが発達したからそばにいなくても距離を問わず作業はできるんだけど

結局はね、それを準備するまでの仕込みはデジタルじゃないわけ。

最後は人間ひとりひとりが頭ひねって作ってくれるから決まったら後は早いということ。

 

リョウがツイートにも上げてるが

《プロが短時間でやってのける作業を見て「簡単に出来るんだ」と勘違いしてるやつが多い》と。

 

まさにその通りで、その近道を見つけるまでに何百時間努力をしてきたかって話。

リョウも村上も今の器量だからこそここまでのクオリティの仕事を短時間で出来るわけであり最初からそうだったわけではない。

 

俺はそれが痛いくらいわかっているから

的確な素材とイメージを1分でも早く彼らに届けることに力を注ぐ!

 

全てそれは1日に間に合わせるため。

それがプロの仕事だから。

 

しかし今日はこのアルバム制作でアドレナリンが一番すごい出た一日だったなぁ

 

 

9/1 真・真剣勝負ついにリリース!

F51D37F3-B2BA-40EF-8716-4D382588B82B

《真・真剣勝負》

2001年リリース

2018年9月再リリース

  1. はるくん
  2. ふたりの10代
  3. 真剣勝負
  4. 30歳
  5. 汗まみれの8月
  6. Come on !
  7. あさがお人生
  8. そばにいるから

約17年の歳月を経て生まれ変わった2ndアルバム。

てるてる坊主を前の年にリリースして

もう次はないだろうと思ってた30歳。

真剣勝負がふと出来てその次にこっちへおいでよ(現Come on !)が続いて出来て

もう一枚作るかと必死で頭ひねって作ってると何とか7曲作りタイトル「真剣勝負」として2001年にリリース。

あのはるくんは最後に出来た曲であり

CDでは1曲目にエントリー(笑)

当時はまだアマチュアでクオリティも低く

ある程度の初版ロットを売り切ったとこで一旦廃盤に‥‥

プロサウンドとして新たに今の原田広としてやっと再リリース!

LOVE SONGS+とはちょっと違う思考でこのアルバムは生演奏ぽく、かつシンプルにをテーマで収録しています。

楽器の数も極めて少なく目をつむって聞けば目の前でホントに人がドラムを叩き、エレキを弾いてるんだみたいなサウンド。

サウンドプロデュースはおなじみの河村 亮。

そしてジャケットデザインは村上 浩章と

フォトは下瀬 裕弘による二人の監修によって何もかもがパワーアップしております。

当時初版ロットで買われた方も新たに買う人も生まれ変わった「真・真剣勝負」はとても迫力あるサウンドで伝わると思います。

 

配信は9月1日よりストリーム、ダウンロード可能。

CDはおよそ9月半ばに。

随時お知らせはしていきます!

いざ関東へ

甲子園の準決勝もゆっくり見たいとこだが

そうもしてられず朝から神奈川へCD制作の仕上げ作業に。

2F2CA1DC-18C8-48C0-B37B-56D404D4B5F2

天気も良く今日から3日間ミキシング、アレンジの手直し作業にプロデューサーのリョウとほぼ缶詰め状態に。

LOVE SONGS+から半年も空かないスパンの中でそのリズムにも慣れつつある。

俺自身の仕事は正確には既に終わってるんでCD作りってのは工程作業がそれぞれあって車を作るような流れ。

それを何工程もある作業の中で俺とリョウで分担してやっている。

どちらかと言うと俺は前半の方が多い。

だからほぼ終わっているということ(笑)

46E2689C-A831-449C-89F6-C0CAD53A5EBF

意外とサクッと終わったけどあさがお人生の制作でエレキ収録にほぼ半日かかった!

まぁこれはどんなアーティストにもあるあるな光景なんでそれだけ神経を尖らせながらやるのがCD制作現場ということで。

聞けばたった5分の曲だけど、作るのは何十時間もかかっているのは当たり前の話です(笑)

 

俺たちは常にこの繰り返しをやってます✌️

最高の復刻アルバム真・真剣勝負を楽しみに待っててほしい。

真剣勝負は「真」真剣勝負に

過去の廃盤のアルバムを復刻版として再リリースするにあたり名前も少しひねりたいのが俺のこだわりで‥‥

 

てるてる坊主を「てるてる坊主再」にした時

全ての復刻アルバムは「再」でいいかと思っていたんだけど

ひとつひとつ考えてタイトル付けをしたくなった。

 

LOVE SONGSが「LOVE SONGS+」として生まれ変わったから

この秋リリースの真剣勝負はかなり悩んだ。

‥‥が最初は「新・真剣勝負」っていうのがよぎったけどそれがヒントになりどうせなら真実(本物)という意味で「真」にしたほうがしっくりくるなと。

真という文字が2回続けて使われるのがこれがまたいい!

というわけで「真」真剣勝負。

 

レコーディングは全部終わりました!

無事に俺の仕事は終わった。

後はリョウのとこに言ってミキシングとマスタリングの打ち合わせをしっかりすれば来月には予定通りみなさんに届けれそう!

 

ハッキリ言ってこの復刻アルバムマジやべぇよ!

約18年の月日を経て生まれ変わるけどマジヤバイよ!

何もかもが。

まさに今日は行くべきだった甲子園

A419FB54-14E5-416B-ACBF-7C2C2B64CC8D 8A98288E-371A-4072-8D86-27177BB3DD0E

下関国際がベスト8出場!

今日は最初から行くと決めてたのはぶっちゃけ次はないと思ってたんで(笑)

それがそれが何と木更津に圧勝してしまった!

 

やるじゃないなかなか!

攻撃力より防御力が強いんだと思った。

相手の木更津も決して弱いチームではない。

ヒット数はどちらも8本打ってるのに下関が勝ったということは

それだけ木更津のランナーがホームに帰れてないというのがそれでよくわかる。

現場で見てたが、帰れてないというより帰さないという感じ。

下関国際のディフェンスはもちろん、ピッチャーの鶴田くんは今日までずっと一人で投げ抜いてるし

休む間も無く明日は日大と準々決勝に。

これはしんどいだろうな💦

その疲れも何となく見えた。

2C0E4D63-53AB-44E2-88C2-C125DCAEDE32 7331BEEE-ED3C-405B-A794-63557BA59AF1

明日こそまた応援行きたいとこではあるが

明日8強試合は報徳学園、桐蔭、浦和が各試合に組み込まれてるし

間違いなく球場内に今度こそ入れないのは目に見えてるから💦

 

横浜、平安が破れたのはビックリだったが

明日の8強に下関国際が残ってるのは素晴らしい!

明日もひょっとしたらひょっとするかも!?

 

使えなくなったギターの使い道

約13年間弾き続けたこのタカミネ012モデル。

それでなくても三代目でありギターを消耗品にするとは‥‥

もともと一張羅だから頻度も集中してしまうし仕方がない(笑)

それで去年の暮れに新しいカスタムモデルを買ったのだから。

ネックの指板がかなり磨り減っている‥‥

ブレーキパッドをイメージしてほしい。

 

それだけこのギターを何百何千と指で押さえ滑らせ磨り減ってしまったというのがよくわかる。

そんな世話になったギター

使えなくなったなら破棄する以外ないけど

何かいい利用方法はないかと考え部屋のオブジェにしようと✌️

こんな感じ

B0A5BE66-B236-44B9-BCCD-EF3C6AFE80F3

せっかくだからサインを入れて今日の日付を記念に入れておけば多少の画にはなる。

6A41C0C3-E9A8-4666-8056-AA05A4BFA4DC

さらにミュージシャンのアトリエ工房の部屋らしくなったよーな気がする。

甲子園に行かなかったのは次がまだあると思ったからだ

下関国際がまさかのベスト16出場に。

前回の花巻東戦の時に出した追い上げの底力は今回にもあった。

だけどさすがに創志学園が相手じゃどうだろと。

朝8時はちょいとキツイけど行こうかと思ってたが起きれず(笑)

でもなんか今日は行かなくてもまた3回戦に行けばいいんじゃねーかと何となくそんな気もしていたのは確かだ。

なら見事に勝ち抜いてくれたから今度こそ会場で。

しかしあの創志学園はそれはそれでもっと勝ってもおかしくないくらいのチームステータスはあったのに‥‥

ピッチャーの西くん2年生で148キロって化け物に近い。

4-2で創志学園がリードしてて8回まで来て9回表でコントロールに乱れが出たね。

プレッシャーにちょい弱かったとこもあったのかも知れないがそこから下関国際の強いとこだった!

花巻東の時もそうで最終回でいつも逆転するあの底力‥‥

しかしいつも先行で、後攻めにしてもらえないものか(笑)

何はともあれよく頑張った。

15日これは何とか見に行こう。

1.5日に一度スイカを食える理由

アイスコーヒー以上の水分の量かも知れない。

スイカ好きなのはみなさんもご存知の通りだけど今年ほどスイカを食いまくった夏はないな。

 

それ〜には理由があ〜るわ〜けでぇ

このマンションのラッキーなシステムを見つけてしまったからであり

これね、堂々と言っていいものかどうか‥‥

つまり、ゴミの日が決まってないわけよ。

本来なら火曜金曜がゴミの日で

指定の場所にみんな捨てるんこれ当たり前。

それがウチのマンションはウチのマンションの住人だけが出せる専用のゴミ置場があるわけね。

そこにいつ出してもいいみたいで。

ただ、これはそういう風に教えられたわけではなく

右へならえとしてマネしてるだけ(笑)

みんな曜日構わず出してるのでOKだと判断。

結局ゴミ収集車が来るのは火曜と金曜しか来ないんだし水曜日に捨てても金曜日の朝まではそこにずっと置いてあることに変わりはないんよね💦

 

多分これはいけないよーな気がしてならないと

罪悪感にかられつつスイカを食った次の日は出しております(笑)

 

しかし、スイカを食べる日も計算しなきゃと思うのは、ゴミ袋を括ってステーションに出してしまえば新しいゴミ袋をまた部屋に作るわけじゃん?

45リットル(特大)のやつだからこれが満タンになるにはかなり日にちがかかるわけ(笑)

だから、新しくゴミ袋を作ってすぐにスイカを買ってしまうと生ゴミで捨ててしまってもゴミが満タンになるまでそこに入れたままになるからして

だんだん腐って行くから‥‥ちょいこれは計算してスイカを食うぞと(笑)

 

とりあえず我が家の冷蔵庫は旧アパートと同様、備え付けの金庫くらいの大きさの小さな冷蔵庫だけど

食べた後のスイカの皮は最後のゴミになるまで冷蔵庫にしまっておくことにしてます(笑)

どうせ自炊はしないやつなんでいいかなと。

追い込みレコーディング再開!

LIVEも終わり、引っ越しも落ち着き、今日から復刻2ndアルバム真剣勝負のレコーディング再開。

いつもいつも話してることだけどレコーディングは集中力と妥協の戦い。

このアルバムを聴く人は何度聞いても響きは一緒なわけだからLIVEみたいな楽しさはない‥‥

だからこそ何度聴いても飽きないようなアルバムにしなきゃいけんわけで

もう二度とレコーディングはすることはないだろうという気持ちでその一曲一曲に何時間もかける。

LOVE SONGS+もそうであったし、今回の真剣勝負はさらに遡ること20年前の歌たち。

今の原田広で生まれ変わるわけだからやっぱり気合いは入る。

あともう一日集中レコーディングが必要だ。

秋にはみんなの手元に無事届くように‥‥

9FBE28D5-8D98-40BA-929A-991608D0358E