ホームページの更新は大変だ!

せめてブログを見やすくとAmebaのページから本格的にこのホームページ内で見れるようにしたよ✌️

変な広告もないしこのホームページは自分で言うのも何だがよくできてるね!

やっぱこれが神戸で一番熱くバックアップしてくれてるこのホームページ創始者村上氏の力である!

彼の仕事の負担を少しは減らしてやりたい一心でせめてブログくらいは自分でやんなきゃと・・・

しかし昔俺も個人で簡易的なホームページ作ってやってたけど、この更新とか編集とかは相変わらずめんどくさいねー(笑)

でもみんなが見てくれてるとわかればそれも楽しく作業できるから!

 

 

湊川祭りレポート

 


湊川夜市LIVEレポート

賑やかな神戸の下町という風情の漂った恒例のイベントに出演。

オリジナルは歌わず昭和のヒット曲で固められた夏をテーマに原田広と他二人の女性ボーカルで7つのステージを完結!

この街の賑わい方そして一体感、温かさは半端ないくらい逆に伝わる・・・

湊川という街の伝統のひとつになった!

二人の大阪の女性シンガー「七音奏」「茉莉花シノ」

この二人と歌うのがかなりのプレッシャーではあった。

緊張を隠せず3人で30分のステージを計7本を完結。

湊川夜市の伝統行事にもなったのはこの二人がずっと温めてきたんだと

観客のみなさんの眼差しが教えてくれた。

image

image

imageimageimage

image

【プログラム】

17:00〜オープニングコラボステージ

1 二人の愛ランド/茉莉花シノ&原田広
2 待つわ/茉莉花シノ&七音 奏
3 Song for USA /原田広&茉莉花シノ&七音 奏
4 世界でいちばん熱い夏/茉莉花シノ&七音 奏
5 ビューティフルサンデー/原田広&茉莉花シノ&七音 奏

17:30〜茉莉花シノ

1 タッチ
2 パープルタウン
3 いい日旅立ち
4涙の太陽
5 TOMORROW

 

18:00〜原田広 弾き語り

フォルティシモ
恋唄綴り
少年時代
初恋
夏祭り

 

18:30〜七音 奏
1 17才
2 真っ赤な太陽
3 恋に落ちて
4 君たちキウイ・パパイヤ・マンゴーだね
5 黄昏のビギン
6 サマータイムブルース

19:00〜原田広
1 夏を待ちきれなくて
2 想い出の渚
3 ダンシングオールナイト
4 銀河鉄道999
5 乾杯(弾き語り)

19:30〜茉莉花シノ
1 逢いたくて逢いたくて
2 飛んでイスタンブール
3 シルエットロマンス
4 時の流れに身を任せ
5 夜桜お七

20:00〜コラボステージ
1 星降る街角/原田広&茉莉花シノ&七音 奏
2 恋のバカンス/茉莉花シノ&七音 奏
3 夏の終わりのハーモニー/茉莉花シノ&七音 奏
4 ビューティフルネーム/原田広&茉莉花シノ&七音 奏
5 見上げてごらん夜の星を/原田広&茉莉花シノ&七音 奏
6 上を向いて歩こう/原田広&茉莉花シノ&七音 奏

7 銀河鉄道999/原田広&茉莉花シノ&七音 奏

【ミュージシャン】

ピアノ/重松真美

ギター/武良 匠

カフォン/坂本剛志

 

 

 

ひとりで飲食店に入れないワケ

小学校2年の時
社会見学で下関のマリンランドに行った時のこと。
あいにくの雨で昼休憩はクジラ館の中でみんなでお弁当を食べるようになり・・・

 

普通社会見学の時ってその弁当タイムが楽しみで前の日からおやつを買いに行ったりするとこからが楽しくて、誰と一緒に食べるとか絶対仲いい者同士で固まって食べたりするでしょ?

 

魚谷ってやつが同じクラスにおったんですが
通称ウオジって呼ばれてたけど
男子も女子もみんな誰かとグループになって弁当を楽しく食べてるのに
ウオジだけが一人でポツンと弁当食べてる。

 

普通は遠足や運動会用のシートとかを持ってきてみんなのを繋げて座ったりするじゃない?
ウオジはシートもなく弁当を包んであった青い半透明に水玉の入ったビニールの風呂敷を敷いてひとり寂しそうに座って食べてる・・・💦

 

ウオジは別に嫌われてるやつとか孤立してるやつでもなく普通のやつだったんだけど
5メートル離れた僕らとそこから会話をしながら一人で弁当食べてる。

 

それを見て一人で食べてる姿って客観的に見たらすごいかわいそうに思えて帰ってもウオジのことが頭から離れなくなってしまい・・・

 

ハッキリ言ってこのトラウマ説はウオジへの大きなお世話かもしれないね(笑)
俺が勝手にそういう風にウオジを哀れんだだけのことであって

 

ただ、周りに友達がいるのに何かこいつ友達いないんかなって思われると自分やったら嫌だなって思ったから。

 

よそでそれが何故出来るかってのは絶対知り合いとかに見られることがないからです。
宇部だったら絶対できないね💦

 

でも誰もそんなこと思わないのは分かってはいるんですが
何かウオジを見て変なトラウマが身についてしまったというお話。

 

恐らく神戸で知り合いがどんどん出来てったら誰かと食べに行くだろうな

変なやつでしょ?

 

それから・・・

僕はある人に「バカリズムみたいな細かい分析だ」って言われたことがある。

悪く言えば考えすぎなのかもしれない(笑)

時間の尊さ

お金よりも時間がほしい
知識よりも知恵がほしい

・・・何かに夢中になるとこれが頭の中をいつもグルグル回ってる。

どんな貧乏人でもどんな金持ちでも、そりゃ持ってる金の量の大差はもちろんある

でもどんな貧乏人もどんな金持ちにも平等に与えられてるものがある
1日が24時間という条件。

どーんだけ努力したって時間枠は増えない
だから人間は努力して歳をとるやつなんて一人もいない・・・

ドラえもんやドラゴンボールの世界でない限り

俺は1日40時間あるぜ

ってやつはいないし・・・

レコーディングやLIVE・・・でなくてもいい
夢中になれば何でも、期日が決まった仕事とか
その日にちが迫ってくるにつれて

睡眠って本能が俺になければ人生2倍生きれるのにってホントに思う。

飛鳥がクスリに手を出した・・・って話題あったけど
そういう意味では気持ちがわかんないでもないんよなぁ

だけど
時間に限りがあるから頑張れるって思う。
切羽詰まったらかなりのパワーみんな出るよね?
そして何とかせんとってなるから知恵も湧いてくる

そんな時って今まで得た知識なんてあんまり役に立ったことなかったよーな気がする。

銀河鉄道999で鉄郎が機械のカラダを只で手に入れる星に行き
母さんの分まで永遠の命をもらって長生きするんだと宇宙の旅に出るけど
最終回では命に限りあるからこそ精一杯生きる、だから生身のままでいいと言う・・・

時間ってその人の命みたいなもので

あと何年で死ぬってわかってたら
今以上一生懸命生きるんだと思う

時間や命に限りがなかったら
焦ることがなくなるんだろーな
ってゆーかルールってもんがない世界で暮らすよーなものだ。
だったらみんな好き勝手に生きてくってことになる・・・

明日死ぬかもって大袈裟だけどさ
ダラダラやってくんならまだそのくらいの気持ちで取り組んだ方がいいもんが出来る気がするし
後悔しないスッゲー感動があるような気がする。

都会だからそうなんだなぁ

こっちに来て新たにたくさんの知り合いが増えていき、もちろんまだ独身なわけだから家でご飯食べると言うと弁当買って来て食べることがほとんどだけど
意外と友達も独身の仲間ばかりで三宮や大阪でどっかの店に入って食べることもよくある。

休みの日とかに昼過ぎから友達と会うじゃない?
初めてこっちに来てみんなでファミレスに行った時
みんなビールを飲むわけ💦

は?真っ昼間から飲んで大丈夫なん?

みなさんは俺が何に驚いてるかお分りだろうか(笑)

友達は普通に俺に「え?何で?」って首傾げる。

そしてすぐ気がつく
「みんな車じゃないんやったね」

車が必需品の山口では昼夜問わず飯食いに行くときは現地で待ち合わせ10人中10人車に乗ってくるそんな生活に慣れてしまってたから
車が必要ない都会では仕事中でなければいつ飲んだって何にも支障はないわけで

都会だからそうなんだと・・・

昼間にファミレスでビール飲む光景って見たことなかったから最初は違和感を感じたね(笑)

どっちに転げても俺は飲まないけど💦

まだ免許証は持ってるし運転は出来るけど
山口ではアッシーとして重宝された俺がこっちではその必要性がないのだ(笑)

車持ってる神戸の友達まだ知り合ってません。

image

8/27湊川夜市

こっちに来てイベントに出るのはこれが初めてで

祭り事のステージってのは特に今日みたいな地区のイベントとなると土地性がすごく伝わってくるもので。

もちろんこの湊川ってとこは俺もよく知ってるわけではなく
今住んでる地下鉄からたった一駅隣の街なのに訪れることがなかった。
神戸は三宮が一番賑やかであるけどここは地元とあんまかわらないとこで神戸の下町って風情があるね。

image商店街の中で祭りをやってるけどその商店街が宇部みたいに一本の路地だけで終わってなくさらに縦横無尽に商店街が立ち並んで意外とそこだけでないって作りの街。

その一角で歌わせてもらった。

年に何度もやってるステージらしく
商店街の人達も恒例でやってるステージなんでもう流れとかも知ってるからそれに合わせたパフォーマンスやジャンルの歌で構成してあるステージ。

初めてだった。
オリジナルを歌わないステージ(笑)

昭和のヒット曲で30分のステージを計7つ。
そのうち4つを担当。
歌い手がまた俺を凹ましてくれるよーなプロシンガー二人の子で
その二人と商店街の人達を盛り上げていく・・・

弾き方りは得意分野ではあったけど昭和の歌を弾き語りでやる難しさはあったかなぁ💦

だけど神戸の土地性なのか湊川の人々の温かさに救われるステージで
盛り上がったねー

imageimageimage

音響の方もバックミュージシャン3人の人も
みんな一流な演奏者でそれぞれが支えになり楽しんでやってるのがプロだと痛感した。

自分にとってはいっぱいいっぱいのとこもあったにしろそこで原田広を覚えてもらうことも出来たならこれほど幸せな仕事はないと思うステージだった。

image
司会と歌とそして今回のステージを仕切ってる七音奏さん。
彼女から今回声をかけてもらいました。

image
茉莉花シノさん

歌唱力とその魅せ方に圧倒されます。
この湊川ステージでは彼女の演歌コーナーが名物になっております。

image
バックミュージシャンの人も入れてこんだけの人達と最高のステージを堪能させてもらいました!

湊川のみなさん、そして音響のウッディランドのスタッフのみなさんありがとうございました!

image

モォちゃんブーム到来!

image

『我が家のモォちゃん』って歌を4年前にちょっと遊びで作ったんだけど
この歌そのものがどうこうってことではなく・・・
この歌のモデルになったウシの形をしたイス(写真参照)が今俺の汗流してる教室(メタボ美クス)の中で大人気になってしまったようだ。

名前は俺が勝手にモォちゃんってつけたんだけど俺のキャラに合わないよーなことにも思われるかもしれないな

最初は俺がインテリアとして買ったのがきっかけなんだけどね(そういう歌の内容になってます)
それ見てほしいって言う人が出てきて追加注文。
そしてさらに便乗する人が出てきてさらに追加注文。

凄い効果が出てます。

Amazonで買うのでみんなが一人一人注文するのもめんどくさいだろうと俺がまとめて注文して上げたんだけど
販売店のスタッフはまた同じ名前で頻発して注文して来てるから転売目的でこの人は買ってるのではないかと疑われても仕方ない💦

別にいいじゃん。

たくさん注文してあげてんのに値引きすらないんだから例えそれが転売目的であろうと・・・あれ?

そんな対立したいがみ合うこと考えなくても
このモォちゃんさ、グッズとして売ることできたらいいかもねー

俺が売れてるミュージシャンだったらコンサート会場に置いてファンの人にたくさん買ってもらいますから契約しませんか?って出来るのに(笑)

どうせならそのくらいしてみたいねー✌️

秋に向かってる気配

image
積乱雲とそうでない雲がチラつき出したら秋に向いてるんだといつしか思うようになった。

何よりもツクツクボウシがクマゼミのシェアを上まわるはずだ。

クマゼミは夏ど真ん中のセミだから大抵高校野球が始まる頃で
やつらがいなくなると大抵ツクツクボウシが鳴きだす。
その頃甲子園の決勝戦があり子供たちの夏休みも宿題に追われる頃で・・・
ガキの時はツクツクボウシの鳴き声聞くと休みが終わるので嫌だった💦

日曜日の夜サザエさんのエンディングを見ると何か虚しくなるのと同じ感覚です。

洗濯機を買うか買うまいか悩んだ日

アパートを出て例のスーパーを通り過ぎ70メートル行けばコインランドリーがある。

 

狭いアパートとはいえさすがに洗濯機一台置くスペースはある。
しかし部屋には押し入れも何もなく「今」使わないものをどっかに避けて置くには小さな倉庫がいる。

 

面白いことに初めてこのアパートに越したとき
下駄箱の隣に取っ手のついたクローゼットがあること気づいた。

 

物置あるやん!
狭いアパートのわりにはこれはイケる。

 

それからしばらくして
洗濯機は?
まさか、共同!?
そんな場所あるって聞いてない!

 

アホな頭でしばし考えてて。
ひょっとしたらとその物置らしき取っ手の扉を手前に引くと・・・
壁に水道が剥き出しにつけてあり、下に白いプラスチックの受け皿があり排水口の穴。

 

水道が見えた時点でさすがにもうわかった💦

洗濯機を扉を閉めて隠す造りのアパート初めて見た。
どー考えても閉めてあったら物置としか見えない。

 

コインランドリーが近くにあるお陰でそこで洗濯は出来るし。
あれが扉式のものでなければ洗濯機を買ったかも知れない。

 

見た目のこだわりなんだろうか
ものが置けるスペースは同じだけど
扉があるなしで「置く」と「収納する」では意味が変わってくる。