image

8/27湊川夜市

こっちに来てイベントに出るのはこれが初めてで

祭り事のステージってのは特に今日みたいな地区のイベントとなると土地性がすごく伝わってくるもので。

もちろんこの湊川ってとこは俺もよく知ってるわけではなく
今住んでる地下鉄からたった一駅隣の街なのに訪れることがなかった。
神戸は三宮が一番賑やかであるけどここは地元とあんまかわらないとこで神戸の下町って風情があるね。

image商店街の中で祭りをやってるけどその商店街が宇部みたいに一本の路地だけで終わってなくさらに縦横無尽に商店街が立ち並んで意外とそこだけでないって作りの街。

その一角で歌わせてもらった。

年に何度もやってるステージらしく
商店街の人達も恒例でやってるステージなんでもう流れとかも知ってるからそれに合わせたパフォーマンスやジャンルの歌で構成してあるステージ。

初めてだった。
オリジナルを歌わないステージ(笑)

昭和のヒット曲で30分のステージを計7つ。
そのうち4つを担当。
歌い手がまた俺を凹ましてくれるよーなプロシンガー二人の子で
その二人と商店街の人達を盛り上げていく・・・

弾き方りは得意分野ではあったけど昭和の歌を弾き語りでやる難しさはあったかなぁ💦

だけど神戸の土地性なのか湊川の人々の温かさに救われるステージで
盛り上がったねー

imageimageimage

音響の方もバックミュージシャン3人の人も
みんな一流な演奏者でそれぞれが支えになり楽しんでやってるのがプロだと痛感した。

自分にとってはいっぱいいっぱいのとこもあったにしろそこで原田広を覚えてもらうことも出来たならこれほど幸せな仕事はないと思うステージだった。

image
司会と歌とそして今回のステージを仕切ってる七音奏さん。
彼女から今回声をかけてもらいました。

image
茉莉花シノさん

歌唱力とその魅せ方に圧倒されます。
この湊川ステージでは彼女の演歌コーナーが名物になっております。

image
バックミュージシャンの人も入れてこんだけの人達と最高のステージを堪能させてもらいました!

湊川のみなさん、そして音響のウッディランドのスタッフのみなさんありがとうございました!

image

モォちゃんブーム到来!

image

『我が家のモォちゃん』って歌を4年前にちょっと遊びで作ったんだけど
この歌そのものがどうこうってことではなく・・・
この歌のモデルになったウシの形をしたイス(写真参照)が今俺の汗流してる教室(メタボ美クス)の中で大人気になってしまったようだ。

名前は俺が勝手にモォちゃんってつけたんだけど俺のキャラに合わないよーなことにも思われるかもしれないな

最初は俺がインテリアとして買ったのがきっかけなんだけどね(そういう歌の内容になってます)
それ見てほしいって言う人が出てきて追加注文。
そしてさらに便乗する人が出てきてさらに追加注文。

凄い効果が出てます。

Amazonで買うのでみんなが一人一人注文するのもめんどくさいだろうと俺がまとめて注文して上げたんだけど
販売店のスタッフはまた同じ名前で頻発して注文して来てるから転売目的でこの人は買ってるのではないかと疑われても仕方ない💦

別にいいじゃん。

たくさん注文してあげてんのに値引きすらないんだから例えそれが転売目的であろうと・・・あれ?

そんな対立したいがみ合うこと考えなくても
このモォちゃんさ、グッズとして売ることできたらいいかもねー

俺が売れてるミュージシャンだったらコンサート会場に置いてファンの人にたくさん買ってもらいますから契約しませんか?って出来るのに(笑)

どうせならそのくらいしてみたいねー✌️

秋に向かってる気配

image
積乱雲とそうでない雲がチラつき出したら秋に向いてるんだといつしか思うようになった。

何よりもツクツクボウシがクマゼミのシェアを上まわるはずだ。

クマゼミは夏ど真ん中のセミだから大抵高校野球が始まる頃で
やつらがいなくなると大抵ツクツクボウシが鳴きだす。
その頃甲子園の決勝戦があり子供たちの夏休みも宿題に追われる頃で・・・
ガキの時はツクツクボウシの鳴き声聞くと休みが終わるので嫌だった💦

日曜日の夜サザエさんのエンディングを見ると何か虚しくなるのと同じ感覚です。

洗濯機を買うか買うまいか悩んだ日

アパートを出て例のスーパーを通り過ぎ70メートル行けばコインランドリーがある。

 

狭いアパートとはいえさすがに洗濯機一台置くスペースはある。
しかし部屋には押し入れも何もなく「今」使わないものをどっかに避けて置くには小さな倉庫がいる。

 

面白いことに初めてこのアパートに越したとき
下駄箱の隣に取っ手のついたクローゼットがあること気づいた。

 

物置あるやん!
狭いアパートのわりにはこれはイケる。

 

それからしばらくして
洗濯機は?
まさか、共同!?
そんな場所あるって聞いてない!

 

アホな頭でしばし考えてて。
ひょっとしたらとその物置らしき取っ手の扉を手前に引くと・・・
壁に水道が剥き出しにつけてあり、下に白いプラスチックの受け皿があり排水口の穴。

 

水道が見えた時点でさすがにもうわかった💦

洗濯機を扉を閉めて隠す造りのアパート初めて見た。
どー考えても閉めてあったら物置としか見えない。

 

コインランドリーが近くにあるお陰でそこで洗濯は出来るし。
あれが扉式のものでなければ洗濯機を買ったかも知れない。

 

見た目のこだわりなんだろうか
ものが置けるスペースは同じだけど
扉があるなしで「置く」と「収納する」では意味が変わってくる。

ひとりcaféとニホンザルに似たマスター

神戸に住むようになって一番の俺の成長はひとりで飲食店に入れるようになったこと。

何故これが今まで出来なかったというのは、これは説明すると長くなるから書くのは省くね。

とにかくそこだけではないが小心者の俺もいるというわけで
こっちにはcaféとか〇〇コーヒーとかいう類いの店が数え切れないほどある。

都会だけに分煙してあるから有り難い。

神戸に来て最初の1ヶ月は三宮まで出ていろんなcaféに行ってたけど
車に乗らなくて住めるこの街だと次第に歩き癖が嫌でもつくから三宮まで歩いて行く事が多くて・・・

歩くとね〜知らなかった景色や場所に気がつくことが多い。
地下鉄で二駅かかるんだけど途中歩いてるとふと一件小さな喫茶店があるのを発見した。

その日は行かなかったけど、少し覗きこんだらレトロっぽくて昭和の匂いのする感じで、その前に俺が一番最初に確認するのはもちろん灰皿があるかないか(笑)
ここ大事✌️
ある!

それを黙認して翌日行ったら最高にいいお店で
マスターにちょこっと聞いたら足掛けで50年やってるらしい。
都会のこの街に宇部小野田にありそうな田舎風の喫茶店があるとは😱

image

完璧です!

誰が何と言おうが俺個人の好みで言ってます(笑)

マスターがニホンザルに似てる(笑)
ってタイトルにするほど内容的に強調性はないな💦

NHK集金係にドヤ顔

甲子園ネタの時に「ウチにはテレビがない」とコメントしたけど・・・

ホントの話だす。

お金がない?
うーん確かにない時の方が多いが、テレビなんて今頃32型程度のなら3万くらいですぐ買えるし。

基本いらないし、あっても観ない・・・それゆえに部屋が狭いから。

そのクセ山口のアパートには60型のAQUOSとBlu−ray2台のシアターサウンドシステムがあるのは何故(笑)

大の映画好きだから趣味としてはかなり凝りすぎたこだわりなんだけど神戸に来たらあんまりその必要はない上にテレビがない生活に不自由さを感じないのが正直な答えです。

つい先日、NHKの受信料の徴収に係の者がやって来た。

「ウチテレビありません」

「みなさんそう言われるんです💦しかし・・・」

集金係の話の途中でさらに
「どうぞお部屋見られますか?」

「いえ、無いのはわかりましたが携帯でワンセグチューナーとかついてますよね?」

今の時代部屋以外でも観れるシステムがあればNHKは受信料取るのか!?

いまいち納得いかない。
しかしNHKはスポンサーがないから確かに受信料を国民からもらわないと運営できんのはわかって上げるべきだとは思うが・・・

丁寧に俺は集金係に返した
「iPhoneなんでチューナーはないんです💦」
iPhone6を手にとって見せながら(笑)

ここからは俺の勝手な推測だけど
恐らく集金係も心の中ではそれすら疑ったのかも知れない。

iPhoneだから・・・

屁理屈とも言えるし、証拠にはならないし。
だってもう一台携帯持ってるかも知れんし、機種変してSIMを抜いたただのダミーかも知れない。

本来なら地デジアンテナから部屋にアンテナ線が来てる以上テレビあるなしに限らず、またNHK観る観ないに限らず払うべきと言えばそうかも知れない・・・。

だけど払うのもちょっとね〜って矛盾の心理もある。

「もしもテレビ買ったらこちらからご連絡します」

これは半嫌味に聞こえたかも知れない。

「いえ、私達がちょちょくお伺いしますから」

逆にこっちが嫌味ににもとれた💦

マジかー
あきらめてないのか、やはり疑ってて今日のところは退散なのか・・・

俺が集金係だったらきっと同じことを思ったかもなぁって思うと腹も立たなくなる。

最後に疑問だけがふと頭をよぎった。

テレビはないけど払いますよって言ったら手続きしたんだろうか・・・

いや、もっとわかりやすく言うと普通に何も言わず払えることも出来るのであれば

「テレビお持ちですか?」
「いえ、ウチはありません」

っていうこのやりとりの意味がない💦

もともとテレビは今どき無いわけない
・・・そんな先入観で当たり前に何も確認せず「受信料集金に来ました」って来るのはおかしいよーな・・・

談話室に参加しないからこそ

管理人の二人が凄くよくやってくれて、それに便乗する仲間が共に仲間になり宣伝し合い広がっていってるみたいで・・・
いい意味でとても寂しい(笑)
でもそれがこの談話室の本来の目的。

親鳥がエサを何匹もの小鳥に与えるばかりでは小鳥たちはそれぞれが親鳥とのコミュニケーションを図る付き合いしかないのと同じような気がする。
兄弟同士で助け合う、そして自立して新たな世界を作って行くには親がそこにいないことで小鳥たちは自分の凄さや気がつかない力に自信を持ち始める・・・

それでいて親鳥の存在は忘れないでいるならば
前に熱く書いたと思うけどみんな自分の力を持ってそれぞれに感謝ができ凄いものが生まれるって思う。

一方的じゃつまんないし
ただその空間を売名行為に利用するだけじゃ誰も相手にしなくなるからこそ人が人を励まし自慢する空間を俺は作りたかった。

原田広本人が誇りに思う大事な仲間なんです。
それをファンの人達それぞれに自慢したかったんです。
みんなが俺を自慢してくれるように・・・
俺はそんな鳥でいう「巣」を作りたかった✌️

みんなででっかく最高のものにして下さい!

そのうち動画を撮って近況報告とかで管理人の人に貼り付けてもらったりする形で参加するよ。
恥ずかしいけど(笑)

やる気のないスーパー

俺の住んでるとこは神戸の三宮から歩いて20分のとこにあって
そこからハーバーランドも近いし生活するには不自由ないお店が大抵近くにある。

アパート出てすぐ斜め前に小さなスーパーがあり
自炊とか一切しない?出来ない?やる気ない?俺はそこで晩飯を買うことが多い。

それがまたね〜やる気のないっつーか、サービス悪いっつーか良くわからんスーパーなんです。

コンビニみたいにサービス過剰すぎるのも嫌だけど
陳列棚に何もない!
行く時間によるけど、朝一行かないと満足に飯も買えないありさま。

だからいつもその時は6個入のレーズンパンとか買って帰り、牛乳とコーヒーをパックになってるやつを買うことが多い。

弁当があった時はラッキーだが、これまたラップすらしてなく、良いときでプラスチックのフタの両端を3センチくらいのセロテープで止めてあるだけ💦

箸も言わなきゃくれない非サービスなお店だす。

レジのお姉さんたちほとんど中国人で、元々神戸市は在日中国人の街でもあるから驚きはしないけど
あまりにも対応がひどい。

中国の人間文化なのかそれともそのお店の方針なのか。
いやいや、方針とは言わないか
注意するかしないかだけの話で・・・

おとといなんて閉店2時間前なのに全然何もなく
仕方ないから握りこぶしくらいの高い焼き豚買って帰り部屋で寂しくネットも剥がさずかぶりついてしまったよ💦

そんな自分が自分をとても可哀想に思えた(笑)

実はその裏の路地をちょっと歩けばもっとまともなスーパーがあるんだけどね(笑)
宇部市でいうとヴェスタまるきくらいのレベル。

第三者は何故そこに行かない!って言うにきまっとる。

一度だけ行った(笑)
確かにまともで・・・近所のみなさんやはりみんなそこに行くのは当然かと思うくらい俺の価値観は間違いではなかったと言わんばかりの人の多さ。

スーパーで二階建てよ!
食材売り場とそれ以外は上の階。
俺にとっちゃ珍しいって感覚だ。

しかしそれだけレジに待たされる時間の方が嫌だと考えるせっかちな俺だからして
目の前のやる気のないスーパーを選ぶ方を優先する(笑)

人間って不思議なもんで、結局腹一杯なったらそんなことどーでもよくなる(笑)

初めて甲子園に行ったpart2

アルプススタンドへ続く階段を駆け上ったらさっき聞こえた歓声と応援団の叫び声がもっと聞こえてきた。

image
スゲー!
宇部市民球場とかとは全然違うオーラが飛んでくる。

よっしゃぁ!
いわしタレー!
お前なら出来るでぇー!

関西弁??

どうやら俺は履正社側の応援席に来たようだ(笑)
高川学園は一塁側だった😱

もうあっちには行けねーなと仕方なくここでじっと試合を見ることに。

既に5回を終え点差が1-0
そこから次第に履正社に攻められ4-1までになった。

俺は野球評論家ではないし、偉そうに言う資格はないけど
高川学園は見逃し三振が目立ったなぁ💦
履正社のピッチャー安定し過ぎでさすが優勝候補だけある・・・と、敵側に関心してる場合じゃなかった。

一度だけ叫んだよ

行けー!高川学園!

大阪側のスタンドで(笑)
ちょっと勇気いった。
観客の何人かが「はっ!」って俺を見たに違いない💦

それを確認する隙を自分に与えずすぐタバコ吸いに逃げるのであった(笑)

選手諸君には悪いけど一塁側ではないのでちょっとわかってもらいたい。

結果的にウチは負けたけど
9回表、高川学園の攻撃で一度試合が五分中断した。

どうやら高川学園の選手が試合中足を痛めて治療中のためバッターボックスにまだ入れず・・・

そして笑顔でバット持って出てきたとき
履正社のスタンドから歓声と歓迎の拍手の雨!

この人達最高じゃん!!
敵でも味方でも応援席がスポーツマンシップじゃん!
ちょっと感動して泣きそうになった。
いや、むしろ今日のこの甲子園に来ての一番の感動だったかも。

関西いいね!
その時「親切な大阪人」歌いたくなる俺がいた(笑)

どうせなら
その履正社を個人的に応援しようって思い
ウチにはテレビがないので密かに量販店のテレビを見ながら履正社の三回戦まで見ることができた。

あの履正社でも三回戦は滅多打ちにされるとは
やっぱ全国レベルは違うね。
甲子園のお話でした。

初めて甲子園に行ったpart1

話が遡ってるので日記ではなくなる感じだが
ボヤキなのでお許し下せえ。

神戸というか、兵庫県は甲子園球場があるからこれは一度行こうって決めており
これは先々週の月曜日のお話✌️

バイトも休みで何と偶然にも山口の高川学園の初戦日だった!
し、しかし外は猛暑で・・・気温測っちゃいないが35℃以上はあると思われる💦

地元の球児たちを生で応援したく、また県予選では母校宇部鴻城高校を破って代表になった強者校と聞いた以上これは行くしかないと三宮から阪神電車に俺は飛び乗り甲子園駅へ行った。

初めて来たよ甲子園!

何かこの書き方は野球部のノリみたいだ(笑)

ではなくて
観客として素直に感動した!

まず入り口の作りはテレビやアニメタッチで見たのと同じで(笑)
image
蔦の葉っていうの?
よくわかんないけど
そんなことよか入り口は長蛇の列💦
USJに来たのか!?
っていうくらいこんな凄いそか甲子園って。

神戸の友達にメールしたら
恐らく対戦相手が大阪の履正社だから地元なんでいっぱい来てるんでしょうって言われた。
image
一番列の少ないとこが三塁側でそこに並んだがそれでも前にはザッと100人以上並んでるし
あと20人ってとこで券が売り切れた。

こんなことあるのかと半分あきらめかけたが素早くアルプススタンドの方に並び変える・・・

頭上から金属バットのキーン!って音がする。
少し遅れてワァー!って歓声が聞こえる・・・。

そう
既に試合は始まってるわけでまだ入れないのだ💦

履正社は大阪でも優勝候補チームらしい
恐らく高川学園では無理だと俺でも推測できたけど
せめて1点くらいはお見舞いしてほしい。
何よりも会場に入る前にゲームセットにだけはなってくれるなと祈るばかりで(笑)

約20分
やっと券が買えた。
image
三塁側アルプススタンド・・・急げ!
part2へつづく。