ハードでも心地いい9日間

6月は山口と神奈川で活動してたのはご存知の通りで

LIVE2発と春夏リリースの追い込みレコーディングそして相模原市での路上LIVEを体力ある限り歌って来たよ。

レコーディングも1日8時間という制限をかけプロデューサー河村 亮と濃い2日間を共に過ごし最高のレコーディングが出来たように思う。

しばらく路上LIVEもご無沙汰の中、何だかんだで今の原田広は路上LIVEありきのイメージに磨きをかけたいと初場所町田駅と相模原大野駅でほぼゲリラに近い形で歌いまくった。

その土地性のせいかとにかく人が集まる!

最高やったな!

相模原は第3の拠点になりつつある感じ。

これから神奈川へ行く楽しみもまた増えたし忙しくなっていくやろーな。

路上LIVEがとにかく厳しい

三宮の方がやりやすいのはあるけど

なかなか長時間できないことが多い。

ミュージシャンやってると応援するやつも増えてくるけど反面気にくわねぇとアンチも出てくる。

そういうやつが通報したりするのはよくある話で

残念ながらどこの誰かはわかんないのが辛いとこ。

犯人が誰かとかはどうでもよくて愉快犯みたいに面白がって邪魔することを楽しんでる輩だと知ったら行政はどう考えるかを俺は知りたいな。

条例や法律でダメだというのを結局はグレーゾーンでみんなやってるからそれは路上LIVEに限らず

警察も「そんなことでいちいち通報してくるなよ、またこいつか」ってのはあるはず。

そこを改善出来ればいいけど今の時代何もかも法律やコンプライアンスの元でしかねじ伏せれない世の中になってしまったなぁ

大事なのはマナーの方なんだけどね。

愉快犯こそホントの悪

路上LIVEやってるとねそんなやつもたくさんいる。

ただ自分の主観だけで気にくわないと迷惑かかってないのに面白がって通報するやつが‥‥

古今そういうやつが増えたね。

交通事故で現行犯逮捕されてる瞬間とかを動画にとってSNSにアップしたり

それが自分の父親だったら?って考えたらできんやろーにね。

傍観者の立場から愉快犯になって楽しんでるそのマナーの悪さどうかするべきやね。

ヤミ金、振り込め詐欺の本部に面白がって電話してSNSにアップしてるのもそうやし

路上LIVEも条例禁止だから悪いことっちゃそうも解釈されるのも否定は出来んけど迷惑被ってないやつがすることではないな。

路上LIVEをもっと文化に

法律上✖️であるというのはわかってるけど

タバコの条例と似ててマナーを守らんやつがおるからこういうルールが生まれる。

ゆずやコブクロが与えてくれた夢が裏目に出てしまってるし

「路上LIVEには必須アイテム」って各社からそんなキャッチをつけて機材としてアンプまで売り出されてるのはストリートが決して悪いものではないってことで。

タバコも路上LIVEも悪ではないのに悪みたいな扱いや目線で見る人が増えてるのも事実なのは

マナー守らないミュージシャンが増えてるからなんよなぁ。

俺たちも「させろさせろ!」って嘆願書叩きつけてやるそんな安易なことではないし。

この問題ってなんでもそうやけどただ国と市民の対立、もしくは強行突破的なもので

そこまで思うならやる側(市民)もそれだけの努力と姿勢を見せてこそだと思うねー

ただ原発反対とデモストに参加するみたいな(笑)

じゃあ風力発電を研究してこうしたらどうですか?みたいな提案、路上LIVEでいうならマナーを守らないやつにも注意してその街の活性化に努めるような‥‥

そこまで意識して路上LIVEに挑むやつがいないわけ。

ただ歌いたい、ここは俺のステージだ

LIVEに人が呼べないからたくさんの人に見てもらえたら何とかなる‥‥とか

気持ちはわかるけどだからと言って横断歩道スレスレのとこに機材広げて爆音で演るというのねーってのもあるし

ミュージシャン同士が10メートル間隔にやりたい放題演ってる‥‥

そりゃ周りもうるさいってなる。

まず歌い手と言う前に市民として人として周りの迷惑も考えてやるようにしなければと。

そこから正していけば多少行政も考えてくれるかも知れないし文化として潤っていくだろうと思う。

今の段階ではお巡りがきて「やめろ」と言われたらやめなきゃいけない‥‥

そこをなんとか変えれていけたらなって思うわけ。

こんなに迷って買ったのは久しぶり

紫外線が強いと路上LIVEもままならなくてサングラスは日差しが強い日は必須アイテムではある。

サングラスも革ジャンも物欲に関しては形重視で行くんだけど山口におったときに買ったpoliceのサングラスは実家に忘れたままでそれまではドンキとかに売ってある2000円くらいのやつで代用してたものの

やっぱいいやつ買っとかんといけんなと今日は前半サングラス選びに三宮へ。

ほぼ的は絞れたけど二件見て結局2往復してこれに決めた。

レンズが黒いやつはあんま俺は似合わないなって思ってたし

ほとんど色が入ってないやつがやっぱいいかと。

俺的に比べたりすると迷うからしないことが多いし、まして同じ二件の店をこんだけ往復するってことは初めてやった。

そこまで微妙に形が違うわけ(笑)

パッと見はドンキで売ってるようなのと全く変わらないけどかけてみるとやっぱ違うな。

当たり前か。

令和初日は

山口へ。

打ち合わせ、営業もあるけど俺の中では休暇だ。

毎日毎日歌と作業の連続でやっと羽伸ばせる3日間の自分へのご褒美。

だから手ぶらで帰れる。

しかしこの1日によく切符とれたなと。

あ、切符は取れるけど指定席ね。

令和の初日だからあんまり動かないのかなと思ったけど新神戸来てみたらものすごい人。

やっぱり元号が変わる以前にさすがゴールデンウィークだ。

路上LIVE強化中

路上LIVE前には必ず天気をチェックするあの頃の習慣が蘇る‥‥

今はひまわりも進化したからほぼ当たるけど予報より雨雲レーダーを見るのがもっと確実!

路上LIVEは本番LIVEより疲れる

なんせカートを転がして会場の往復を含めやから

毎回タクシー使うわけにも‥‥

いい運動になるけどよくよく考えたら梅田の貸しロッカーから会場までの往復距離(これは転がしてる距離ね)とウチのマンションから花隈駅までの往復距離だと断然そっちの方が短いことがわかった。

しかし花隈駅はエレベーターがないので、只今新設で作ってる最中やけどいつになるかわからんし💦

エレベーターが出来たらそのまま阪急に乗って梅田で降りてすぐやからその時にまた考えようかと。

とにかく歌う毎日続きだ

都会の便利なのと不便なとこは路上LIVEをやるとよくわかる。

とにかくこのカートを転がして大阪まで毎日通うのはしんどいわけ。

車がないから仕方ないが‥‥

エレベーターが各駅にあるにしろLIVEトークとかで話したことあるけど改札通りにくいわ、電車の段差はあるし何よりも都会の電車はほぼ満員になるから横長の席の角でないと難しい。

それでも邪魔くさそうに見られるから考えもんです。

だから路上LIVEの会場をどこでやるか決めたら

近くに貸ロッカーってのが結構あってそこを借りてやるという便利なやり方を適用することに。

これもやっぱでかい駅付近はほとんど抑えられてるから大きさにもよるけどとりあえず谷町線の駅の近くに借りることが出来た!

そこからこのカートを引きずって約15分。

これは便利だ!

梅田で20日からやるにあたり荷物だけ昨日置きに行ってきたわけで‥‥

もうこの荷物を神戸から持っていかないで済むだけで体力も不便さも解消される。

あさってLIVEやって1日休養してさらに路上LIVEとレコーディングの毎日だ。

結局毎日歌ってるんですな(笑)

ユーザー辞書を使ってるか?

俺はiPhoneだからユーザー辞書って言ってるけど

メールしたり文字の変換が非常に楽なわけ。

Acousticって打つときわざわざ英数字に切り替えて一文字ずつ打ち込むのめんどくさいから

よく使うワードはユーザー辞書に「あこ」っていれておけばいつでもAcousticという文字が予測変換に表示されるようになる。

要はそうすればひらがな打ちしかしなくていいから楽やし送るのも早くなる✌️

令和という文字が結局通常変換で出てこないから

今まで「れい」って打って「令」が出てくるまで探し、そのあと「和」と打つまでのこの時間がイライラするわけ(笑)

だからユーザー辞書に「れい」という読み方にして登録だ。