原田広はバスに荷物を忘れる

公共の乗り物に俺が荷物を忘れるってことがこの45年間一度もなかった。

俺にしちゃすごくありがちだと俺をよく知ってる人は思うだろうにね〜

それがこんなズボラな俺でもそんなことが「今日まで」一度もなかったことは大変優秀な事ではある。

 

海外から帰ってくると時差ボケってものに取りつかれると聞くけど

この4日間山口へ帰省して、時差ボケならぬ田舎ボケみたいな変なものに取りつかれてたのかも知れない(笑)

朝一から新幹線に飛び乗りアパートに寄らず荷物を持ってエディオンに入り

そのまま帰りはいつも乗るバスに揺られて三宮まで戻るんだけど

その道中何故か気持ちよく眠ってて停留所に着いても起きないから仲間が起こしてくれてハッと飛び起きバスを飛び降りたという・・・

 

残念ながらその時はまだリュックを置き忘れてることに気づいてなかった。

 

腹減ったなぁ

すき家に入ってガッツリ食べる

 

まだ気づいてない(笑)

 

腹一杯なって、地元ではほとんど歩いてなくエクササイズもしてなくなまってるから歩いてまたアパートまで帰ろうと・・・

 

すき家を後に三宮の街を西へ西へ歩き出す。

 

まだ気づいてない💦

 

人間って歩くといろんなことを頭で考え出すもんなんだとこの街に来てこうして歩くことが習慣づいてそれを感じるようになった。

 

歩くってのはそれだけ余裕があるんだろうな多分・・・

だから今日は歩いて帰ったらちょうどコインランドリーが先にあるからそこで今日の荷物の洗濯物を放り込んでその間アパートで風呂入って取りに行こうと・・・何て効率のいい時間の使い方だ!と・・・✌️

ドヤ顔してきっと俺は歩いてたに違いない。

 

その計画が頭をよぎったおかげで

わずかその数秒後

リュックは??

 

あぁ、すき家に忘れたか・・・アホやなぁ俺は

 

それに気づいても肝心なことにまだ気づいてない

 

すき家に戻るくらいすぐだけど

俺すき家に入ったときリュック持ってたかなぁ??

 

だんだん記憶がハッキリしてくる。

 

ホントはないのはわかってるくせに

バスに置き忘れたってもう気づいてるくせに

 

すき家にあったらラッキーみたいに考えてる俺だけど

もしもすき家にホントに置き忘れてたら自分の記憶力を疑う。

すき家にあるってのが間違いでないって自信もって思ってて間違えるってのはかなり重症よこれ!

 

あるわけがない💦

 

だからバスの車庫に必ず保管してくれてるはずだ!

普通慌てるのに俺は何故かそんなことには自信持ってるやつで(笑)

 

神戸には悪い人はいないからとか

それもあるけど

こういう時はポジティブについつい考えてしまう性質で・・・

 

時刻表に載せてある電話番号にかけて

ちゃんとのけてくれてることを確認✌️

 

これがまた知らない地名言われてとにかく教えてもらう通りのバスに乗ってそこまで行くしかなく・・・

 

でもねー

その市営バスの職員のおじさんいい人だった。

事務所の前まで出てくださってて

「忘れ物の方?」

「はい、お手数かけました!」

「いや、そろそろ時間的に着く頃だけどいらっしゃらないから事務所の場所わかんないと思ってました」

 

俺がまだ地理にうといから、この職員さんどこの乗り場の何番のバスに今なら一番早いのが何分のがあるからそれなら余裕で事務所にこれるからとそこまで電話で調べてくださって

降りる停留所の時間まで知ってるわけだから

俺がちゃんとそれに乗れたか心配してくれてたみたいで・・・

 

荷物忘れた俺のいい加減さなんだけど

そんな気持ちに腹を立てるのもおかしいけど

自業自得で起こしたことなのに

息切らしながら事務所にめんどくさそうに小走りで歩く俺の気持ちをこの職員さんによって一瞬でひっくり返された気がする。

 

忘れ物してみるもんだね〜とは決して思わないけど(笑)

 

ただ、オチとしていうなら

今思えば地下鉄で帰らなくて良かったと・・・

どうせなら、そこまでしたんなら家に着いて気づいた方がネタになったとみなさんは思ったかもね(笑)

ズレた4連休

世間では明日までが連休。

非常にうらやましい・・・

 

しかし俺はあさってからが4連休。

みなさんとズレた4連休。

 

いざ故郷山口へ!

 

とはいっても内容的には4連休ではないけど(笑)

気まづい気分にさせない上島珈琲

こっちに来て一番よく訪れる地下鉄三宮駅のcaféである✌️

 

caféなんてたくさんあるんだけど何故かここにいつもくることは多い。

三宮のcaféを全部回ればもっといいとこあるとは思うけど

café通ではないのでそこまでムキになって行くほどの事ではないね(笑)

 

もう慣れてるからかなぁ

山口ではあんまりこんなことする自分じゃなかったけど 

とにかく恥ずかしい気持ちになるというか

最初は隣に他人が座って飯を食うという風潮にいささか違和感を感じておったわけで・・・

 

立ち食いうどんってのは田舎にもあるじゃん。

でもあれは長居するためのお店じゃなくて

お腹空いたけどゆったり寛ぎながら食べたいという心理で作られた店やないし。

急いでる人がちょっと食べてそそくさと電車に乗るみたいな・・・

 

都会のcaféはその座って寛げる目的で来る人がたくさんいるわけで

カウンター式で隣に知らない人が座りスマホやノートパソコン触りながら自分の時間を過ごす。

 

何かの時間繋ぎでそこに来てるのかも知れないけどそれにしちゃ何時間もいる人もいる。

そう言えるってことは俺もそれだけそこに居ないとわかんないってことで(笑)

それか上島珈琲の店員でない以上・・・

 

ちゃんと良心的にもひとりずつコンセントが使えるようになってる時点で「長居大歓迎」って言ってるようなもんだ。

しかもコンセントひとつのイスにつきふたつあるし(笑)

 

初めてここに来た時ひとつ驚いたのは

横並びに座るテーブルカウンター式なのに

ここのお店は向かいにも同じく横並びに座れるようになってるから、向かいの人が飯食う姿を見ながら自分も飯を食わなきゃいけないわけで

 

知り合いと食べるなら普通の向かい合いで座れる小さなテーブルに座ればいいけど

全く知らない人が目の前で飯を食ってる。

 

だからそれらしき「仕切り」の壁みたいなものがちゃんと作ってはあるんだけど

高さ40センチくらいの木枠で作った格子みたいなもんって言えば想像つくかなぁ

 

格子だから向こうが全部隠れるわけではなく

脚立?を横に寝せて立ててる感じをイメージしてくれればわかると思う(笑)

骨組みだけなんで普通に相手の人が見えるけど

これがあるのとないのとでは全然違うんだろうけど・・・

 

そんなことに違和感を感じてはいた俺だけど

よーく見るとね

向かいの人の顔の部分が・・・

目から鼻にかけてこの木枠の上の外枠でちょうど隠れるようになっている!

 

何と計算したように、計ったようにいい感じの高さになっており。

 

ちゃんと普通の姿勢でいれば黒い横線のモザイクをかけた感じで向かいの人の顔が見えなくなる(笑)

 

たまたまなのか・・・

 

もしもこれを計算して作ったなら

そのエンジニアさんのセンスと心理に脱帽してしまう。

 

神戸市民level2

こんな時って少しlevelアップしたかなって思う瞬間です。

路上LIVEに出ててさ

ボチボチ撤収かって機材をたたんでたら

一人の女性が

 

「三宮駅西口ってどこですか?」

 

って道を聞かれた!?

神戸市民なりたてホヤホヤの俺が(笑)

 

嬉しかったね〜正直。

 

神戸市民に見られたことではなくて

その子に道を教えれたことがね・・・

しかも的確に✌️

 

今ちょっと見栄張って言ったね(笑)

たまたま知ってただけ。

 

しかし、まだ俺が道を聞かなきゃわかんないとこいっぱいあるのに

とりあえずはそれでもヨソの人に道を教えることが出来るようになっただけでも俺にとっちゃミラクルですな。

 

少し神戸市民にまた一歩近づいたってことかなぁ・・・

 

level1からlevel2にアップ!

 

ってゆーかお姉さん、一曲聞いてってよどうせなら💦

 

 

曲作りにコツなんてない

文才とかセンスとか確かに必要って思ったりもするんだけどね。

 

だけど俺はあんまりそんなん考えたことはなくありのままを書いてるだけで

もし言うならそれがストレートに表現できるならそんな難しいもんじゃないって思う。

 

元々文章書くのは苦手なガキだったし

読書感想文ってあるじゃん?

あれこそまさに今思えば歌を書くのと同じで

俺は全くダメで原稿用紙にあらすじしか書いてなくて最後に「トムみたいな少年に憧れました!」って書いたら

先生に、それ以外はみんなあらすじだから書き直せと言われたことがある(笑)

 

要は何したかにしたってのは原作読めばわかるのでそれを読んでどう思ったかを綴るのが読書感想文って感覚が当時はわからなかった。

 

好きな子のことを歌にするのも

 

身長何センチでかわいくてポッチャリして

あそこに住んでて僕より1つ下の女の子

恋人が僕の知ってる嫌なやつで

ついこの間から付き合いはじめた子

 

こんな状況説明をあらすじみたいに書いても読んでる人にとっちゃ「だから?」でおしまい(笑)

 

素直にその子に対しての自分の思いを正直にありのままぶつけた歌詞を書けばいい。

 

好きなんだよ!

なのにあんなやつと付き合うとは思わなかった

だってあいつには別に好きな子がいるはずなのに

それ知らないで笑ってる君が痛々しくて

何で僕じゃだめなんだ!

ひどすぎる!

だけどそう嘆く自分が嫌になればなるぼど

もっと君のことが好きになっていく!

 

と、まぁ今思いつきで単純に書いたけど

女々しいとか情け無い男ではあっても

その気持ちをストレートすぎるくらい正直に書けば読む人にはそれが伝わると思う。

 

そこから・・・気持ちは伝わったけど、それが歌を聞いた人の頭に残るかってのはまた別で

オチがいるのかなぁ(笑)

 

あんたの気持ちはよくわかった、だからどうなのよ?

 

そこを最後に書けばまた違うし

それがメロディに乗っていけばまた変わってくるし

その辺のバランスは表現力になるのかも知れないね。

 

何でもいいじゃんオチは(笑)

 

だから勇気を持って君に好きだと言いに行く

 

とか

 

歌詞らしくするなら

 

君に振られる前に雨に降られる・・・

雨が降って空が先に泣いてくれたから

僕は泣かなくてすむのかも知れない

 

明日あいつから君を奪えるかも・・・

そんな空を見上げて僕は一瞬そう叫んだ

 

 

実際に歌にする訳じゃないけど

クオリティはさておき一曲出来たでしょ?(笑)

歌詞をどうやって書けばいい?ってちょいと人に聞かれたからこんな話をしてました(笑)

ミュージシャンに見られたいか、ミュージシャンでありたいか

こういった話はよくここで話してきたような気がする。

 

ミュージシャンで見られたいなら楽器が弾けない素人がギターケース持ってその辺を散歩してれば周りはそう見るだろうし

ミュージシャンに限らず会社でいえば、そこのユニホーム間違って来て歩いてても知らない人はそう見ると思う。

 

誠実な人に見られたいなら悪いこと考えてるやつでもそんなフリをしてればいいわけで

ホントに誠実な人でありたいなら見てくれは強面でも危ない格好してても常に誠実な心でいなきゃいけない。

 

ミュージシャンでなくてもオシャレな格好してれば美容師さんとかバーテンとかによく間違われる・・・

 

すべてひっくるめてプロにみられたいか

それともプロでありたいかは自分の志ひとつだと思う。

 

凄くカッコよくて歌も上手くてステージにたまたま上がって拍手をもらっても

本人がミュージシャンではないと言えばその人はプロではないってことだし

売れてなくても自分はミュージシャンだという志を高く持ってる人はどこにいてもそんな話をするし、日々の視点がそういう目線でものを見たり考えてると思うし

 

なりきるってのは確かに大事だけど

ミュージシャンでありたいと思ってステージに立っても周りはミュージシャンに見てくれないってのは恐らくどこかで一般的な気持ちの延長線でやってるからかなって思う。

 

だから格好をそれっぽくしてみたり、もっといいギターを買い、いい機材を揃えれば様になると思ってる人もいるけどそれは違うし

それは表現するための演出アイテムであって

 

 

例えばキムタクがドラマでピアニストの役を演じる・・・

しかしホントのキムタクはピアノなんて弾けないけど役の中でいかにもこの人ピアニストだって思わせるのは表現力。

「見られたい」という分野ではあっても

ホントに様になるように表現するってのはただ形と演出だけシッカリしてればいいってことではないから役者さんがいかに凄い志を持ってやってるかがよくわかる。

 

平たく言うと

プロでありたいって思う人が

その分野を他人から褒められて喜んでいちゃダメなんです。

 

いつも話してるけど

K-1選手にケンカ強いね!って言わないじゃん?(笑)

タクシードライバーに運転上手いですねって言わないじゃん?

 

だからミュージシャンや歌手やってる人が「歌上手いね」って褒められて舞い上がってたら逆におかしい。

 

みんなどこかでその分野のプロをやってるから

お客さんってみんな、この人はそこ出来て当たり前だって目線で来るんじゃないかなって思う。

 

「◯◯でありたいって」志はそこに繋がるからプロアマということではなくて

目線ではなくてプライドの問題かな。

その場だけはなく私生活、人生そのものが常にそう考えて生きてるってことなのかも知れないね・・・

 

それを仕事にするならなおさらだと。

 

 

 

 

霊感はないのだが

そのくせ怪談話は好きである。

 

霊感は全くなければ感じたことすらない。

しかし、霊感というか虫の知らせみたいなものは感じる・・・

 

いや、これも違うか。

 

勝手に自分の中で縁起でもないよーな事を作り上げてしまう性質らしい(笑)

 

よく夢に知ってるやつが出てきて、そいつが死んでしまったとかそんな夢を見るとそれは何かの知らせみたいに思う時があって

その夢のシナリオ設定が死ぬとか大袈裟なものじゃなくても

フッと目の前から消えるとかそんなシーンは夢だからよくお目にかかる。

 

それでハッと目が覚めたとき

俺はとりあえずその相手に電話かメールをしてる・・・

 

縁起でもねぇ(笑)

 

それで一度たりともそんなことはないんだけど・・・

もしもホントにそれが虫の知らせを意味するものなら

みんな自分の夢を俺に見てくれるなと願うに決まってる。

友達付き合いすらやめたくなるだろーし(笑)

 

今日もそんな似たような出来事があり

これは夢に出てきたんじゃないけど

今日いないはずのやつが居たと聞き、調べたらやっぱ休みだって

ただの人違いなんだろうけど

 

そうでなければそいつが何かを知らせに来たのか・・・とか、すぐそんなことを考えてしまう(笑)

 

だから

 

わかってても一応

「生きてるか?」

ってメールしてみる。

 

「生きてますよ」

 

と、返ってくるから安心する。

縁起でもないというのもあるけど

優しいでしょ?俺って思って頂きたい(笑)

カップヌードルについて

結構好きでちょっと腹の足しにするにはいいとおやつ感覚でよく食べるけど

 

昼にとあるスーパーで買おうとこの3日そこに行くんだが一番すきなノーマルのやつがずっと補充されんままで

カレーとかシーフードとかはあるけどそれらも全く陳列棚にポツリポツリとしか置かれてない。

 

それこそこのスーパーまでやる気あるのかと思ってしまいかけた矢先

今日またそこに買いに行ったら大量入荷しており

何やらデザインがおかしい・・・

image

なるほど!

誕生45周年記念でデザインをそれ用にリニューアルするためか!?

 

俺と同い年らしい。

 

確か浅間山荘事件の刑事たちがこれを食ってるのがお茶の間に流れて火がついたとか・・・

 

1971年の出来事になるからそういうことか。

 

味も変わらず45年も売れ続けたのは凄いことだ。

 

熱湯注いでフタして3分・・・

 

俺はちなみに1分で食べ始めるやつ。

3分だと食べ終わる頃は10分経って伸びてるのがどうも好きになれない💦

いつからかそんな食べ方に変わったけど。

 

今日食べてるときに別の友達も同じものを買って食べてたけど

ひとつ疑問が・・・

image

 

お前はデビューして45年経ってないだろ。

天災と相性が合う原田広だけど・・・

自分が多分雨男なんだと確信したのは

事務所に所属してた頃だったなぁ。

イベントに出まくってたがいつも雨が降るし

もちろん10回出て10回とも雨になるわけではないけど

大抵雨が降った。

 

微妙な天気で雨がポツリ出して自分の番になった時

てるてる坊主を歌えばネタになるし、それでホントに晴れ間が差してしまえば俺は救世主だとか考えていたけど(笑)

 

てるてる坊主歌うと余計雨が強くなり

それをネタに受けた時もあったものの問題なのはステージ降りた途端雨が上がったとかそんなこともあった💦

 

この1月も何年か振りの寒波がたまたまLIVEの日に当たって大雪で中止か延期か悩まされたりとか・・・

 

何かとLIVEやったりイベントがある時は天災に悩まされることは多い。

 

23日のモズライトLIVEもう1週間切って練習準備調整段階までしておった矢先

台風がちょうどやってくるようで

しかし今回は去った後になるような進路を描いているから大丈夫っぽいかなってちょいと安心。

 

世の中に100%絶対ってものはないけど

思い込みなのかも知れないね。

 

モズライトLIVE

これはいつもやってきた原田広とは違うシステムなんだけど

今回はそのテンションでやろうと思ってます✌️

 

山口からはるばるファンを代表して今管理人もしてくれてる洋子さん美貴さんが来るので二人がいてくれるのは非常に心強いとこもある。

 

それでいて原田広のステージをほぼ初めて観る関西の人達で埋め尽くすステージなので

ちょっとこれは今までにない環境になると思われる(笑)

 

迷いがあるとか不安だとか緊張だとか

そりゃないわけではないけど

いつもの原田広LIVEとしてみなさんを迎えて上げたいって思うから

今まで通りにテンション上げてやるのみ✌️

 

お待ちしてしてます。

救急車がすれ違うだとっ!?

山口にいる諸君にこの光景を見せてあげたかった!

 

そんな凄いことではなくて

非常に珍しい光景で山口ではそんなん見ることはないなぁ

 

タイトルの通り。

大倉山駅に朝歩いて行ってたら救急車が前を通り過ぎてった。

大したことじゃないじゃん?

 

ってゆーか俺が今いる所は中央区で目の前が幹線道路で毎日パトカーや救急車が数えるのが嫌になるくらい走ります。

 

初めてこのアパートに越した時はそれがうるさくて仕方ない夜が続いたけど

いつの間にか慣れてゆき、どうでもよくなった(笑)

 

しかし、今日はそのワンシーンに驚いたわけで・・・

 

一台目の救急車が通過した後

数秒後にその救急車が戻ってきた。

 

道間違えた?

それともUターンしたのか?

 

今頃の救急車はナビがちゃんとついてるけどドライバー経験長い俺はナビはアテにならないってことを一番よく分かってる✌️

 

そうじゃなかった

 

ちょっと気になって後ろ振り返ったら

最初に脇を通過した救急車ははるか向こうへ走ってってる・・・

 

同じ幹線道路で別の救急車同士がすれ違う・・・

こんな光景って正直初めて見たよ💦

 

応援でその後もう一台、二台と走ってく光景はよく見るけど

同一地区で119番通報がどれだけダブってんのここは!?

って思わせんばかりの街なんだとそういうのを見て圧倒されるわけ(笑)

 

例え一刻を争う緊急時の救急車でもやっぱすれ違う時は運転手はバスやタクシーみたいに手を挙げて相手にあいさつするんだろーか・・・

 

すぐそんなことを考えてみたりする俺がいた(笑)