いざゲネプロへ

神戸初日までラスト一週間。

いつものことではあるが今回は特に気合が入る。

イメージ作りに時間がかかったけど

そこが見えてくれば後は身体でそのイメージに近づけるためほぼ毎日本番ステージを仮想して同じテンションで挑むわけ。

 

ってことは一番星食堂は7箇所目のステージだという計算で進めていく。

まぁ毎日はちょっとヤバイけど(笑)

そのくらいのテンションでやんなきゃね。

 

あと1時間あるのでひとりcaféにきて譜面の再確認中。

2698F27D-F73A-44CE-A4E5-D296ED2B1DD5

原田広の曲はいつできたかのまとめ

原田広CDの一連の流れ

あの曲たちはいつくらいに出来た曲?

【アルバム】

1999年/てるてる坊主(廃盤)

2001年/真剣勝負(廃盤)

2003年/春夏・秋冬(2枚組/廃盤)

2004年/Virvs~ウィルス~(廃盤)

2005年/SHA-LA-LA

2006年/宿命

2010年/てるてる坊主・再(復刻/廃盤)

2017年/てるてる坊主・再再

2018年/LOVE SONGS+

                 真剣勝負(復刻)

※収録曲はディスコグラフィー参照

    春夏・秋冬/Virvs~ウィルス~/SHA-LA-LAもいずれは復刻版として復活予定。

【シングル】

2000年/中国山脈冬物語(廃盤)

《会いたくて10年/ありがとう》

2003年/夢(廃盤)

《はるくん/恋の天秤》

2005年/一匹狼

《夜桜/春の風LIVEversion》

2006年/LOVE SONGS(廃盤)

《6曲セミアルバム》

2011年/冬のキセキ

《こぎつねこんこん/はるくん》

2014年/午前0時の月あかり

《スクランブル交差点/XmasMoon》

※シングルに収録されている曲はいずれ復刻アルバムにエントリー予定

【配信】

2017/ICED COFFEE2017

             てるてる坊主・再再(アルバム)

2018/Burning My Self

              宿命(アルバム)

              LOVE SONGS+(アルバム)

              真剣勝負(アルバム)

【LIVEでしか聴けない曲】

いずれはCD or 配信に!?

YES-NO(2009年)

無人島(2010年)

太陽(2005年)

我が家のモォちゃん(2012)

バカにすんじゃねぇ!(2013)

大切なひと(2012)

仏陀(2012)

東京バナナにつめこんだ夢(2014)

虹色想い(2014)

SA-KU-LA(2014)

5年リットルの涙(2013)

都会夢(2015)

神様がくれた恋(2018)

スゴイヤツ(2018)

月のしずく(2014)

音風桜吹雪(2014)

銀狼(2018)

こいのぼり(2017)

好きな娘心(2013)

RESET(2014)

Stand up !(2015)

君と僕のハッピーバースデー(2014)

SummerRain(2015)

BlueSky(2015)

その優しさにごめんなさい(2011)

向かい風上り坂(2013)

梅雨蝉(2011)

配信だけでは伝わらないものがある

CDがようやくみなさんに届いてってるみたいで

これで目的が果たせたって感じでホッとする。

 

毎回毎回そうなんだけどね。

今回は村上と下瀬さんの監修によって出来たジャケットも売りだったので

みんなホームページで見てはいるものの届いた現物見ると大絶賛のご様子。

 

これが配信にはないもので

このアナログ感ってやっぱいるわけよ。

確かにCDのシステムはデジタルではあるが

ジャケットがあるというのでこうも変わる‥‥

 

俺的にはこの配信が益々主流になってく時代でもCDはずっと残ってってもらいたいなと心底願うばかりです。

たまにこんなことがある

新しいマンションに変わってひとつ考えもんなのは

玄関から部屋までがかなり時間かかる時があるってことで

エレベーターが1階におってくれたら早いけど

いつもそういうわけではない方が多い。

まして俺みたいに最上階に住んでるやつからすると

前に乗ったやつがタッチの差でドアを閉めて12階まで行って降りてくるのを待つとかしょっちゅうだから下手したら部屋に帰るまで4分5分かかる時がある(笑)

 

今日山口へLIVEの備品を送ったけど

集荷の時間が曖昧で全然取りにくる気配がないので一旦外に用を済ませに出たわけね。

 

そして帰って来たらクロネコがいるじゃないか!

しかし俺のために来た様子でもなく別件のお客さんのようでもあり

まぁこの付近何台ものクロネコのトラックは走ってるし

ま、いいかとマンションへ入る。

 

一応この間に集荷に来てたら不在票がポストに入ってるわけだからそうだとちょい悔しいけど一応見てみたら不在票は入ってないから来てないわけで。

 

そのままエレベーターに乗り部屋に戻るまでわずか2分かからんくらい。

 

その時にふと頭をよぎったこと‥‥

もしもこの間に宅配便の人が1階のロビーからピンポン押してたら部屋に入ってロビーのメイン扉を開錠出来んなと。

 

わずか2分かからないと言ったけどほんとにそんな事があって

そこ意識してよかったのは部屋入るやいなや

すぐにドアホン見たら画面がついててそこにクロネコの兄ちゃんが!

ピンポン押した時はおそらく俺はまだエレベーターに乗ってたか、ドアの鍵を開けてる時なのか正直わからない。

ってゆーかこれはこのクロネコの人の器量の問題でインターホン出るまで1分は待ってくれる人もいれば10秒で不在票ぶち込んで帰る人もいる。

とりあえずこんな行き違いあるんだと💦

 

画面の向こうで背中を向けて帰ろうかなとしたとこでギリ間に合って「おります!鍵開けます!」と大声で言う俺(笑)

 

結局表に止まってたクロネコの人だった(笑)

 

ってゆーか指定した枠の時間内に来たのは事実なんで我慢してそれまでは家におれよって話なんだけど

9時から13時の間に行きますという時間指定なんとかならんもんかなぁ

約束を守るために

2nd復刻アルバム「真・真剣勝負」の作業が本日全ての作業が終わった!

この3日間は物凄いラストスパートだった。

 

最後の最後でタイトル曲の真剣勝負に苦しめられた‥‥

どうしてもボーカルのエラーが修正出来なかったり

間奏リードギターのイメージがリョウに伝わらなかったり

わずか21秒の長さのギターテイクに5時間。

神奈川と神戸で何度も何度も音源のやりとりを電話とメールで二人で闘った!

同時にジャケットの手直し、変更を村上本人と夕方から店をふたつ移動し飯も食いながらスマホに転送したジャケットデータを見ながらふたりで悩み

村上は二度家に帰りパソコンから俺のパソコンへデータを送る、そしてまた訂正して送る‥‥

結局全ての作業が夜中まで続いた。

 

これってデジタルが発達したからそばにいなくても距離を問わず作業はできるんだけど

結局はね、それを準備するまでの仕込みはデジタルじゃないわけ。

最後は人間ひとりひとりが頭ひねって作ってくれるから決まったら後は早いということ。

 

リョウがツイートにも上げてるが

《プロが短時間でやってのける作業を見て「簡単に出来るんだ」と勘違いしてるやつが多い》と。

 

まさにその通りで、その近道を見つけるまでに何百時間努力をしてきたかって話。

リョウも村上も今の器量だからこそここまでのクオリティの仕事を短時間で出来るわけであり最初からそうだったわけではない。

 

俺はそれが痛いくらいわかっているから

的確な素材とイメージを1分でも早く彼らに届けることに力を注ぐ!

 

全てそれは1日に間に合わせるため。

それがプロの仕事だから。

 

しかし今日はこのアルバム制作でアドレナリンが一番すごい出た一日だったなぁ

 

 

いざ関東へ

甲子園の準決勝もゆっくり見たいとこだが

そうもしてられず朝から神奈川へCD制作の仕上げ作業に。

2F2CA1DC-18C8-48C0-B37B-56D404D4B5F2

天気も良く今日から3日間ミキシング、アレンジの手直し作業にプロデューサーのリョウとほぼ缶詰め状態に。

LOVE SONGS+から半年も空かないスパンの中でそのリズムにも慣れつつある。

俺自身の仕事は正確には既に終わってるんでCD作りってのは工程作業がそれぞれあって車を作るような流れ。

それを何工程もある作業の中で俺とリョウで分担してやっている。

どちらかと言うと俺は前半の方が多い。

だからほぼ終わっているということ(笑)

46E2689C-A831-449C-89F6-C0CAD53A5EBF

意外とサクッと終わったけどあさがお人生の制作でエレキ収録にほぼ半日かかった!

まぁこれはどんなアーティストにもあるあるな光景なんでそれだけ神経を尖らせながらやるのがCD制作現場ということで。

聞けばたった5分の曲だけど、作るのは何十時間もかかっているのは当たり前の話です(笑)

 

俺たちは常にこの繰り返しをやってます✌️

最高の復刻アルバム真・真剣勝負を楽しみに待っててほしい。

真剣勝負は「真」真剣勝負に

過去の廃盤のアルバムを復刻版として再リリースするにあたり名前も少しひねりたいのが俺のこだわりで‥‥

 

てるてる坊主を「てるてる坊主再」にした時

全ての復刻アルバムは「再」でいいかと思っていたんだけど

ひとつひとつ考えてタイトル付けをしたくなった。

 

LOVE SONGSが「LOVE SONGS+」として生まれ変わったから

この秋リリースの真剣勝負はかなり悩んだ。

‥‥が最初は「新・真剣勝負」っていうのがよぎったけどそれがヒントになりどうせなら真実(本物)という意味で「真」にしたほうがしっくりくるなと。

真という文字が2回続けて使われるのがこれがまたいい!

というわけで「真」真剣勝負。

 

レコーディングは全部終わりました!

無事に俺の仕事は終わった。

後はリョウのとこに言ってミキシングとマスタリングの打ち合わせをしっかりすれば来月には予定通りみなさんに届けれそう!

 

ハッキリ言ってこの復刻アルバムマジやべぇよ!

約18年の月日を経て生まれ変わるけどマジヤバイよ!

何もかもが。

まさに今日は行くべきだった甲子園

A419FB54-14E5-416B-ACBF-7C2C2B64CC8D 8A98288E-371A-4072-8D86-27177BB3DD0E

下関国際がベスト8出場!

今日は最初から行くと決めてたのはぶっちゃけ次はないと思ってたんで(笑)

それがそれが何と木更津に圧勝してしまった!

 

やるじゃないなかなか!

攻撃力より防御力が強いんだと思った。

相手の木更津も決して弱いチームではない。

ヒット数はどちらも8本打ってるのに下関が勝ったということは

それだけ木更津のランナーがホームに帰れてないというのがそれでよくわかる。

現場で見てたが、帰れてないというより帰さないという感じ。

下関国際のディフェンスはもちろん、ピッチャーの鶴田くんは今日までずっと一人で投げ抜いてるし

休む間も無く明日は日大と準々決勝に。

これはしんどいだろうな💦

その疲れも何となく見えた。

2C0E4D63-53AB-44E2-88C2-C125DCAEDE32 7331BEEE-ED3C-405B-A794-63557BA59AF1

明日こそまた応援行きたいとこではあるが

明日8強試合は報徳学園、桐蔭、浦和が各試合に組み込まれてるし

間違いなく球場内に今度こそ入れないのは目に見えてるから💦

 

横浜、平安が破れたのはビックリだったが

明日の8強に下関国際が残ってるのは素晴らしい!

明日もひょっとしたらひょっとするかも!?

 

使えなくなったギターの使い道

約13年間弾き続けたこのタカミネ012モデル。

それでなくても三代目でありギターを消耗品にするとは‥‥

もともと一張羅だから頻度も集中してしまうし仕方がない(笑)

それで去年の暮れに新しいカスタムモデルを買ったのだから。

ネックの指板がかなり磨り減っている‥‥

ブレーキパッドをイメージしてほしい。

 

それだけこのギターを何百何千と指で押さえ滑らせ磨り減ってしまったというのがよくわかる。

そんな世話になったギター

使えなくなったなら破棄する以外ないけど

何かいい利用方法はないかと考え部屋のオブジェにしようと✌️

こんな感じ

B0A5BE66-B236-44B9-BCCD-EF3C6AFE80F3

せっかくだからサインを入れて今日の日付を記念に入れておけば多少の画にはなる。

6A41C0C3-E9A8-4666-8056-AA05A4BFA4DC

さらにミュージシャンのアトリエ工房の部屋らしくなったよーな気がする。

甲子園に行かなかったのは次がまだあると思ったからだ

下関国際がまさかのベスト16出場に。

前回の花巻東戦の時に出した追い上げの底力は今回にもあった。

だけどさすがに創志学園が相手じゃどうだろと。

朝8時はちょいとキツイけど行こうかと思ってたが起きれず(笑)

でもなんか今日は行かなくてもまた3回戦に行けばいいんじゃねーかと何となくそんな気もしていたのは確かだ。

なら見事に勝ち抜いてくれたから今度こそ会場で。

しかしあの創志学園はそれはそれでもっと勝ってもおかしくないくらいのチームステータスはあったのに‥‥

ピッチャーの西くん2年生で148キロって化け物に近い。

4-2で創志学園がリードしてて8回まで来て9回表でコントロールに乱れが出たね。

プレッシャーにちょい弱かったとこもあったのかも知れないがそこから下関国際の強いとこだった!

花巻東の時もそうで最終回でいつも逆転するあの底力‥‥

しかしいつも先行で、後攻めにしてもらえないものか(笑)

何はともあれよく頑張った。

15日これは何とか見に行こう。