11/27 原田広2DAYS2日目レポート

苦しいようでやり甲斐のあったカバーLIVEに続き

今日で最後の2日目のステージ。

オリジナルLIVEでやるからして特に問題はないと思いがちだけど喉と体力がどこまで持つかの勝負。

 

原田広だけでなく全員が2日目の方が生き生きしてるようだった。

初日手を抜いたとかでは決してなく。

原田広もDACも同じことはやらないという趣旨なのでどちらに来ても当たりのLIVEにすべきだという意識は高い。

ただ2日目は、まず準備がない✌️

インフォメーションの美貴さんサッちゃんがご覧の通りの笑顔で。

img_0390

撤去の時間を残してリハもサクサク出来るのは演じる側としては非常に有難い。

それでいて2日続けて来られるお客さんもいるわけだから結局テンションは同じで当然だ。

 

しかし、初日でのステージの改善に努め音響を念入りにチェックすることに余念はなく・・・

img_1514

というわけで2日目は5時からスタート。

 

DACのダンスがさらに客席の熱さを変える!

いつもやってるパフォーマンス以上のパフォーマンスで「これを見よ!」と言わんばかりのステージ。

(今回は写真でなく動画で公開させてもらう予定。

彼らのパフォーマンスは動画でないと良さがわからないものがある✌️近日公開。)

 

それが感染したのかヤキモチをやいたかのように原田広にさらに火がつく・・・

img_1607

 

2日目の原田広LIVEは最初から最後までずっと一人で孤独に歌う・・・

ミュージシャンたるもの、弾き語りスタイルはそれが宿命だから大したことではないが

今回は熱い中での静寂さで演じてみたく

「これぞ原田広」というメニューとはかけ離れたステージをやった。

img_1570

平たく言うと半分はバラード的なメニューであり。

緊迫した空気が30分以上続くと流石に演者もお客さんも物音立てるのに気を使いはじめる(笑)

 

SHA-LA-LAをDACの人に盛り上げてもらいながら一瞬熱くしてまたさらに緊迫の世界へ

img_1592

そんなちょい意地悪に近いメニューに思えたがお客さんは凄いもので誰も立ち上がらずトイレにも行かず最後まで聞いている・・・

 

そんな真剣勝負の一騎打ちに近いものが原田広とスタッフとお客さんを含めたこの隣保館を支配する・・・

神戸からスタートした2週間ぶっ通しの4発LIVEだからして

メニュー、構成そして神戸と山口のみんなのそれぞれの想いをどこでどう繋げて返して行くかが結果的にそこへ導く。

 

今年はもう山口でのステージはこれで終わりだが

まだまだ次もまたやる計画は既にあるからこそ最後は新曲「都会夢」で。

img_1556

 

DACのみなさんと野村工房の協力あってのステージはまださらに来年パワーアップすると確信してステージを後に・・・

 

最高の2日間をありがとう!

 

※初日の激アツ写真は下瀬さんのカリスマショットを近日アップするので乞うご期待!

 

【熱唱曲】

p.m.5:20 start

〜オープニング〜
DACステージ

1 河村のばあちゃん
2 BurningMySelf
3 Friend
4 ふたりの10代
5 悲しいね
6 幸せの青い翼
7 12月の空
8 海へいこう
9 午前0時の月あかり
10 SHA-LA-LA
11 月のしずく
12 魂
13 Xmas Moon
14 水たまり
15 流れ星
16 冬のキセキ
17 ノンフィクション映画
18 そばにいるから
19 虹色想い
20 しあわせ
21 都会夢(まちゆめ)

p.m.8:10 finish

 

11/26 原田広2DAYS初日レポート

2DAYSLIVEをすることが何年振りかというくらいの試みで体力と精神力との戦いしかなかった。

みんなマジでDAC率いる木下先生やスタッフもとにかく朝9時から準備にかけつけ演者、スタッフとか関係なくひとつになってステージを作りあげる。

 

決して業者向けでなく粗野な機材で手作りの裏側にあるみんなの想いそのものが本物だからこそ誰も辛そうな顔ひとつせず

それでも30分押しで初日ステージは幕を切る。

オープニングはDACステージからスタート。

img_1605

さすがに衣装にそれぞれ個性と気合が入っている。

年齢層高い集まりとは思えないほどのパフォーマンスがこのメタボ美クスの醍醐味。

ただのダンサーとしてではなく己の身体の本質を知るためのパフォーマンスとして続いてる意味がわかってもらえるはず。

そこから30分パフォーマンスして原田広ステージへ・・・

 

今回初日はオリジナルLIVEではなくカバーLIVE。

しかし、メタボ美クスのテーマソングを作らせてもらった以上、DACの新パフォーマンスはやはり生歌でやろうと決定。

ここだけは例外として、初日のみリードギターで大西が参戦してくれてるのもあり本物のエレキ担当で生歌、生音パフォーマンス。

これはやってて気持ち良かった。

img_1604

そこから今回の趣旨通りの流れへと大西と二人で温めてゆく。

ハウンドドッグ、アルフィー、堀内孝雄、ゴダイゴ・・・と未だ挑んだことないメニューで原田広は勝負。

モノマネは出来ないからホントに楽しんでもらいたいと結局はありのままの原田広で歌うだけだった。

img_0613

 

とにかくやったことないことをやるのがテーマだったゆえに自分を追い込み過ぎたとこもあったが

その分大西だけでなくDACの桝谷直美さんもデュエットに参戦してもらいお客さんの空気を和ませるという・・・

いつも来てくれてるファンの人から見るとレアなLIVEだったのかも知れない。

img_0508

これだけのメンバーで作りあげればコケることはないと確信はあったので最高の仲間たちだ!

 

やり終えてこういうのもありなのかなとふと終わって思ったのも事実。

そこはまだハッキリしないもののとにかく初日は初日としてあっという間に終了した。

 

【熱唱曲】

p.m.6:30 start

〜オープニング〜
DACステージ

1 BurningMySelf
2 想い出の渚
3 ビューティフルサンデー
4 メリーアン
5 フォルテシモ
6 Song for USA
7 ジャーニー
8 初恋
9 案山子
10 カラスの女房
11 ふたりの愛ランド with桝谷直美
12 想い出の九十九里浜 with桝谷直美
13 哀愁のカサブランカ
14 夏を待ち切れなくて
15 背番号のないエース
16 僕が僕であるために
17 銀河鉄道999
(アンコール)
18 ひとつ
19 とんぼ
20 しあわせになろうよ

リードギター/大西博文

p.m.9:10 finish

 

11/23 UGOLIVEレポート

モズライトcaféのLIVEから中4日しか立ってない水曜の祝日

前回の飛び入りゲストとして出させてもらった三宮の北の坂にあるLIVEハウスUGOでノーワンのお二人とまたステージをさせてもらった。

 

「動」と「静」とあるなるば、このUGOでのステージは「静」であると前に書いたと思う。

モズライトcaféに来てくれたみなさんがほぼ同じメンバーでこちらにも来てくれて

そして初めての人も含め約1時間ちょい歌った。

 

最初から最後まで座りのLIVEも体力的にはちょいと物足りないが

それならそれに似合うステージをすればいいだけだ。

 

静であるというか18日のLIVEとまた違う曲で

このUGOのステージに合った雰囲気のメニューを考えて挑んだものの

出だしはやはり原田広らしく・・・一匹狼からスタート。

主催してくれたノーワンのお二人と、もう一人出られる予定だったミュージシャンが急遽来れなくなり

ツーマンLIVEとなってしまった・・・

トッキーさん、侑さんがそれまで温めてくれたおかげで40分のステージのはずが1時間に拡大。

自分達のことは二の次のように原田広をまたこのステージに呼んでくれたノーワンのお二人に本当に感謝したい!

img_1505

 

何よりも仕事終わって駆けつけてくれたみんなのパワーの方が俺より凄いと正直思った・・・

曲が伝わる伝わらないって問題じゃないのかも知れない。

そんなみんなの表情が心底楽しそうで関西の温かさが一番染みてきたステージだった気がする。

 

これで今月の神戸LIVEはひとまず終了。

あと2回・・・

この土日は故郷山口で!

しっかりと神戸のみんなの想いを故郷へ伝える義務が原田広にはある。

 

そこへ繋げてくれた神戸のみなさんありがとう!

img_1504

 

【熱唱曲】

1 一匹狼
2 FREND
3 12月の空
4 スクランブル交差点
5 6月の雨の日に
6 ICED COFFEE
7 ノンフィクション映画
8 我が家のモォちゃん
9 宇宙刑事シャリバン OP
10 強さは愛だ (シャリバンending)
11 恋しくて
12 都会夢(まちゆめ)

 

11/18 モズライトLIVEレポート

神戸の人達にも段々と原田広の世界が伝わりつつあるステージになってきた模様。

 

7月から始めたここモズライトcaféの第3金LIVE・・・今回で5回目となり今年は最後のモズライトLIVE。

 

神戸で出会った熱い人たち・・・
あの人がこの人を呼んできて
この人がまたあそこからやってきて
初めての人もやっと来てくれて
体調崩して来れなかったあの人この人
体調崩してもそれでも元気をもらいに来たあの人
仕事が終わって背広のまま飛んで来たあいつ

 

とにかくみんな関西の人✌️
長州山口からそんな関西のみんなを相手に
一人でまたステージに上がりギターをひっかく!

 img_1497

 

人の縁や価値観が分かち合えるものだけが集まり40過ぎのオヤジの書いた唄をみんながひとつになって聴く・・・

 

そんな当たり前のようで、ここに来たやつにしかわかんない何かがこのモズライトcaféの空気を支配する。

img_1498

 

ゲストに神戸で知り合った夫婦ミュージシャンのノーワンを迎えた。

こんな俺をいつも温かく支えてくれて、助けてくれてこの二人を今日は原田広のお客さんにも知ってもらいたかった。

img_1496

河村のばあちゃん
次回からはみんなで大合唱したいもので(笑)

 

さぁ残り3ステージ。

 

23日は北の坂のUGOで
26日.27日がいよいよ山口での2DAYS

そこへ向けてのリレーLIVEとして最高のスタートを切れたような気がする。

 

関西のみんなの熱い気持ちを故郷山口へ伝えに帰るために・・・
【熱唱曲】

19:45start

0 エディオンのうた(オープニング)
1 てるてる坊主
2 GET CHANCE AGAIN
3 真剣勝負
4 5年リットルの涙
5 虹色想い
6 君と僕のハッピーバースデー

ノーワンLIVE
Vo/侑子 Gt/Tokky

7 星空のメッセージ
8 月のしずく
9 午前0時の月あかり
10 仏陀
11 西新宿の親父の唄
12 宇宙刑事ギャバン
13 河村のばあちゃん
14 あさがお人生
15 都会夢
(アンコール)
16 ありがとう

22:45finish

 

11/18日 今年最後のモズライトLIVE‼︎

img_0317

 

長州からノコノコ出てきて良かった!

あったかい神戸のみんなへ熱い唄を!

もっと元気に!もっと勇気と明日を!

 

みんなに伝えるために

みんなからもらうために

 

2016年最後のモズライトcaféLIVE!!

たくさんのお越しをお待ちしてます!

 

10/21 モズライトLIVEレポート

急に今日から肌寒くなった夜に恒例のモズライトLIVE。

数えて4回目となるステージ

img_1119

全てオリジナル曲で今回は固めて曲の変更もありーの、レアな曲もありーので2時間熱唱。

img_1125

 

神戸の人ばかりなんで原田広のLIVEを見るのはまだ1回2回目だけど

やはり前回に引き続き来た人は次第に免疫も出来始める頃ではないかと(笑)

img_1124

 

最初はみんなほとんど新曲を聴いてるわけだから

まだまだ原田広の唄を全て聴いてもらったわけではなく・・・

それでも1回目より2回目、2回目より3回目と足を運ぶことによって見えてくるものは必ずあるはず。

 

気がつけば口ずさんでるようになれば次のLIVEは一緒に歌ってほしいなぁ!

img_1126

 

今回はPAがいたから音も前に出る・・・

歌う原田広自身もここでのステージはいろんなものが初体験だから楽しめる。

 

次回は11月18日。

2016年最後のステージになる予定。

やる側も見る側もさらにパワーアップしてでっかいものにしたいと思わせてくれたステージだった。

 

19:30開演

 

1 てるてる坊主

2 Sand By Me

3 バカにすんじゃねぇ!

4 中国山脈冬物語

5 春の風

6 仏陀

7 5年リットルの涙

8 幸せの青い翼

9 月のしずく

10 夢

11 親切な大阪人

12 河村のばあちゃん

13 口笛吹いたら

14 午前0時の月あかり

15 BurningMySelf

 

21:30 終演

 

11/26.27原田広2daysLIVE決定‼︎(宇部市)

image

【初日】

11月26日(土)カバーLIVE

開場17:30/開演18:00

opening  DACステージ

 

今までやったことない原田広初のカバーLIVEに挑戦!

昭和のヒット曲をギター一本で熱唱!


【2日目】

11月27日(日)オリジナルLIVE

開場16:30/開演17:00

opening  DACステージ
さらにパワーアップした原田広が2日目はオリジナルLIVE!
新曲も乞うご期待!


チケット前売/税込

1日券(26日or27日)/¥2500

2日通し券/¥4000


場所宇部市上宇部隣保館(3F大会議室)

7550072 宇部市上宇部中村2丁目6-15

《アクセス》

http://www.city.ube.yamaguchi.jp/koukyouannai/fureai_center/kamiube/#map

 


両日スペシャルゲストにDAC参戦!!

前回に引き続きDAC(ダンシィングアートクラブ)が原田広LIVEに登場!

原田広作メタボ美クステーマソング「BURNING MY SELF」がいよいよDACステージにて解禁‼︎


開演時間が両日異なります。
お間違えのないようお願い致します。

チケットは10/11より発売開始!

尚、ご予約される方はホームページの問合せcontactからもアクセスできます。


《お問合せ》

HIROSHI HARADA LIVE PROLECT

09080671784

 

DAC木下隆之08056261229

 

9/23モズライトLIVEレポート

3回目となったモズライトLIVE

毎月やってるにしろ景色は毎回違う。

 

のんびりアットホームにみんな楽しんでもらえたらっていうのがこのLIVEの趣旨だけに

いつもチケットを売ってやる原田広LIVEとは違う感じでやるはずなんだけど

今回は山口からも二人ファン代表でわざわざ神戸まで駆けつけてくれたのもあり

後はほとんど初めてこの原田広のステージを観る人ばかりなので、今回はいつもの原田広LIVEのテンションでやった 

 image

 

 

音を絞り気味でリバーブもほとんどかけない音響で挑んだので生とあんまり変わんない距離間でみなさんと個人的なトークも混ぜホントにアットホームな空間だった。

 

それでいて大量の汗はやっぱり出てしまうものだ。

まだ立ち上げたばかりでもっともっと神戸の人たちに入って行けるような唄も作り広げていくためのさらなる第一歩にもなった。

image

《熱唱曲》

19:35 start

1 てるてる坊主
2 Sand By Me
3 仏陀
4 5年リットルの涙
5 月のしずく
6 東京バナナにつめこんだ夢

7 しゃぼん玉
8 ひまわり
9 カラス
10 夕焼けの歌
11夏祭り
12 邪魔臭いギターケース
13 夢
14 河村のばあちゃん
15 実家
16 冬のキセキ

21:34 finish